医局をやめる方法

円満に医局を辞めるための理由付け

医局をやめる決断をした後に考えなければならないことは主に3つある。

1.医局をやめる理由

2.医局をやめる事を打ち明けるタイミング・順番

3.医局をやめた後の生活

この記事では1.医局をやめる理由に関して、深堀して考えていく。

結論から言うと、医局をやめる理由としては

家庭の都合などやむを得ない事情を挙げるべき

ということである。

あなたが医局をやめたい本当の理由は?

退局したいDr.

お金をもっと稼ぎたいから

退局したいDr.

雑用が多すぎるから

これらの本当の理由を正直に話すのはよくない。

本音と建前を使い分ける必要がある。

医局は人ではなく組織であるため、医局が納得する理由を用意することは、医局のメンツを守る意味でも大切だ。

医局のメンツが潰れるような理由で認めてしまっては、他の医局員に示しがつかない。

医局の人は、あなたが不純な動機で辞めようとしていることはわかっているだろう。わかっていても、それを表立って認めるわけにはいかないのである。

医局として認めてもらうには「やむを得ない事情」が必要なのだ。

それが大人というものである。

具体的には「家庭の事情」が最も納得してもらいやすいだろう。

退局したいDr.

実家を継がなくてはならなくなった

退局したいDr.

結婚したため、地元に帰らなくてはならなくなった

家庭の事情をうまく持ち出すことが円満対局につながる。

家庭の事情がうまく作成できなかったとしても、医局が納得せざるを得ない「やむを得ない理由」をしっかりと考えよう。

それが医局に対しての礼儀というものだ。

この理由づけを誤るとめんどくさいことになる。

職場環境などを理由にすると、異動による解決策を提案されたりする。キャリアプランをうまく理由づけできればいいが、なかなか難しいようにも思う。

やはり「家庭の事情」をうまく取り入れて理由固めをするとよいだろう。

本日のまとめ

・医局を辞める理由は本音と建前を使い分ける必要がある

・家庭の事情などやむを得ない理由を作ること