研修医の日常

素晴らしい初期研修でした

どうもお久しぶりです。

更新期間がだいぶ空いてしまって。

旅行や引っ越しなどあって、ブログにまで手が回りませんでした。

その間も応援メッセージ沢山頂いていて大変うれしく思います。

これからひとつひとつ大切に返信していきます。

 

気付けば2年間の初期研修医も今月で終わり。

素晴らしき病院と先輩方、優秀な後輩に恵まれ、

右と左ぐらいはわかるようになり、卒業を迎えられたと思います。

 

私事な記事になりますが、

今日は簡単に2年間を振り返っていきます。

 

2003年4月・・・

期待と不安とが入り混じる複雑な社会人最初の月。

医師としての最初の1カ月を内科研修医としてスタートしました。

全く何もわからない状態で病棟に出るあの感覚は

今後は味わえないことでしょう。

 

ナース「先生!メインが3本もはいってるんですが、これでいいですか?」

 

・・・メインってなに??

 

ナース「先生、○○さん嘔吐してるんですが、経管止めますか?」

 

・・・経管?

・・・嘔吐??

 

・・・よくわからないけど、、

止め、、、た方がいいんです、、、、よねぇ??

 

ナース「○○さん5日も便が出てないんですが・・・」

 

・・

・・・・・

・・・・勘弁してくださいm(_ _)m

 

病棟に出て数秒でキャパ超え。

 

頼るべき2年生は外来に呼ばれていたり、

他の1年生の相手をしていたりで、なかなかつかまらず。

一人で途方に暮れる日々。

 

始めて担当患者が亡くなったあの日。

家族の前で大泣きしすぎて、

お看取りにならなかったあの日。

 

その日から先輩から

「デキは悪いけど、イイ奴」

そんな評価を得ていた。

 

2013年5月—

5月1日の水曜日の当直は二度と忘れない。

全く何も仕事ができないのに、

とんでもない重症の救急車がバンバン運ばれてくる。

上の怖わーい先生二人に怒鳴られ続けるall night.

 

午前4時、そんな先輩二人の前でまたまた涙を流す。

 

「でかぃ図体して、何泣いてんだよ!」と言われた。

その日を境に二人とも優しくなった。

あの日の涙は死ぬまで忘れない。

 

2013年6月~8月

外科ローテートに切り替わる。

とんでもない忙しさ。

どんだけ働いても働き足りない。

 

プチウツになった。

 

「辞めたい」と初めて思った。

 

それでも唯一の救いは外科の先生が

みんな優しくて、

いい人だったことだ。

 

あの外科のチームが好きだった。

だから俺は頑張れた。

 

結果、とても力をつけることにつながった3カ月間だった。

 

 

2013年9月~10月

麻酔科という魅力的な診療科と運命的出会いを果たす。

こんなに面白い科目があったのだと知る。

麻酔科を回ることで、

呼吸器、循環器のことが少しずつわかってくる。

研修医生活を大きく変えた2カ月間だった。

 

2013年11月~2014年2月

内科ローテートにカムバック。

前半の時のように2年生はついてくれない。

毎日のようにムンテラ、ムンテラ、ムンテラ・・・。

胸腔穿刺、胸腔穿刺、胸腔穿刺・・・。

 

この頃からこの俺でも誉められる機会が増えてくる。

 

ナース「以前とは別人のよう。よく患者を診てる。」

 

先輩A「カルテ記載を見てるだけで、桁違いに成長してるのがよくわかる。」

 

先輩B「伸び率で言ったらNO.1」

 

患者さんの家族から感謝の手紙をもらったことも沢山あった。

 

2014年3月

だいぶ慣れてきたせいもあって当直でミスを犯し始める。

総胆管結石、胆管炎を帰してしまったり。

虫垂炎を見逃したり。

 

来月から新しい1年生が入ってくるというのに

大丈夫だろうかと不安がよぎる1か月であった。

 

 

つづく

 

 

本日の記事の内容が良かったら

いずれか1つ応援クリックよろしくお願いいたします↓

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

(未だにひっそりと参加している
人気ブログランキングはこっち。)