外科研修

暇過ぎるのもまたキツイ

嵐のごとく過ぎ去った6月、7月に比べて、

8月のここ最近は、

まったりとした時間が流れている外科研修。

 

6月や7月は毎日のようにあったopeも、

今月はかなり少なくて、僕の上級医も

「暇過ぎてだりー」

と毎日、口癖のように言ってます。

 

忙しい時は時間の流れもとてつもなく早く、

気づけば夕方になってるような日々ですが、

ここ最近はやたらと時間の流れが遅い。

 

暇過ぎるのは一見、羨ましくも見えて、

実は結構の苦痛を伴うものだと俺は思う。

人間はある程度の刺激の中で

人生の楽しみを見出していくもので、

なんの刺激もない日々は、

忙しすぎる日々以上にキツイ。

 

実際、毎日何もしていなかった学生時代は

「早く働きてーなー」

なんて思ってた時期もあったぐらいで。

・・・かといってハード過ぎるのも堪えるし、

なかなか適度な仕事量になるのは難しい。

 

よく遊びよく働く人生こそ充実している

と思うんで、

あまり暇すぎる仕事を選んでも、

かえって苦痛になるんではないかと感じた夏の夜でした。

 

今日の記事が良かったら、、、

1クリック応援よろしく!! → にほんブログ村

お陰さまで医大生ブログ現在1位