内科研修

文脈力

医者になって半年が過ぎ。

未だに知らない医療用語に苦しめられることは多い。

はじめの方はみんなが言ってることがなんもわからない。

 

メインってなに?

タンミって・・・?

リバース?ぶらでぃ?強ミノ?

せでいしょん?あてれく?あいてる?

でく?カレキシー?すてのーしす?

?????????????

 

その都度聞いたり調べて言ったらキリがない。

結局前後の文脈から推測して、

言葉を覚えていったりするしかない。

 

ここから思うに、生きていく上で、

文脈力ってほんとに大切な力だと思う。

 

英会話ひとつとったって、

聞き取れない部分は文脈力勝負になってくるし、

極論、日常生活において、

場の空気を読む力とはまさに文脈力。

 

だからなにさって話になるんだけども、

今更ながら国語ってすげー大事な科目だったんだなと。

受験は数学 物理 化学でゴリ押ししてきた俺にとって、

英語 国語 社会ウザ科目以外の何者でもなかった。

でも英語 国語 社会こそ日常生活に生きる科目であるし、

人間力に結びつく。

年取ったいま考えてみても、

勉強するなら文系科目の方が楽しそうな気もする。

 

何が言いたいかというと、

無駄な学問というものは皆無に等しく

「こんな科目、何の役に立つの」

DQN学生にありがちな発言は、

やはり頭が悪い証拠だと思った。

 

まぁ、これまでの自分のことなんだけど。

 

今日の記事が良かったら、、、

1クリック応援よろしく!! → にほんブログ村

お陰さまで、医大生ブログ現在2位