第98回薬剤師国家試験は超難化

ぼくは薬学部のことは詳しく知らないですが、

彼女が受験生だったんで、大まかな話は聞けます。

 

去年の第97回薬剤師国家試験は

4年制→6年制に切り替わった先頭の学年ということもあり、

全国的に薬剤師が不足していたためか、

とても簡単な国家試験だったようです。

 

その流れを受け継ぐと、

今年も簡単なのではと思いきや「超難化」で、

俺の彼女をはじめとした受験生は、

パニックだったようです。

 

俺が年間通して彼女の成績や勉強量をざっくりと見てても、

はっきりいって、

全くもって落ちるような要素は見当たりませんでした。

そんな彼女の自己採点の結果は、

ガチ、ギリギリの合格点。

・・・。

・・・。

周りの友達の状況的に、

彼女がたまたま悪かったということはなさそうみたいなんで、

さすがに酷すぎる試験だったんじゃないかなーと、

受けてない自分ですが、間接的に感じ取りました。

 

そうなってくるとさすがに

削除問題等の救済処置は行われるんではないかと、

素人ながらに思ってます。

 

今年は医師国家試験のボーダーも辛かったりするみたいなんで、

ホンマに医療者になるってことは、

色々な意味で大変なことだなと感じた3月の夜でした。

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

最近のコメント

このページの先頭へ