受験生から研修医へ・・・

今日は昔同期だったメンツ+かつての相談教員の先生と飲んできました!

「昔同期だった」という言い方はつまり、

一緒に大学に入学した仲間ということで、

みんなは研修医1年目というわけです^^;

 

そんなこともあって、

研修医生活の話を結構聞けましたねー。

話を聞いている中で、

自分は4月からやっていけるものなのかと、不安でしたね。

やっぱり、ペーパー試験で良い点数を取ることと、

実際に医者として仕事ができるのとでは、

全くの別物って話であって。

人様の命を預かるという責任のある仕事を

こなしていくことができるのだろうかと不安ですね。

 

自分のせいで患者さんを死なせてしまったら・・・

なんて考えると怖いなんてもんじゃないです。

 

何がこれから大事なのかな?

・・・と考えたときに、

自分のできる精一杯のことといったら、

当然のことですが仕事と真剣に向き合うことですかね。

常に全力で!

勉強・仕事に取り組む!!

学生時代は結構テキトーに勉強してきていても、

医者になったからには、

それなりの覚悟と意識が必要でしょう。

そう考えると今、実際に医療の現場で働いているみんなは

凄いんだなーって思います。

 

真面目ぶった記事を書きましたが、

4月からホンマに頑張らなあかんなーと思った3月の夜でした。

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

最近のコメント

このページの先頭へ