夏休み最終章-ひとりマカオの悲劇

夏休み最終章

ひとりマカオの悲劇

(11月5日~11月7日)

夏休み第1章-ひとりソウルの非現実

夏休み第2章-クルマを買う

つづきの翌日11月5日。

わりと遅めの成田初の飛行機。

人生初のビジネスクラスでワクワク。

 

平日の昼間に海外に行く人はほとんどいないようで、

連休中の空港とは全く異なり、

全然人がいなかった。

出国の手続きもいつもみたく長々とかからず、

即効で終わってしまう。

 

昼過ぎに飛行機のcheck inの手続きをすると、

航空券とは別に空港のラウンジのチケットをもらった。

ビジネスクラス予約した場合の特典らしい。

出発までそう時間はなかったのだが、

せっかくなので、ラウンジに入ってみることとした。

 

1417598_760686790613098_1282815198_o

めっちゃ綺麗^^

そして人がいない。

中ではインターネット使い放題+飯食い放+飲み放(酒含)

30分ほどくつろいでいざ搭乗。

 

広々としたシートは快適。

飯もそこそこ旨かった。

エコノミーでのフライトは苦痛以外の何者でもないが、

到着後の疲労感が皆無のため、

多少奮発してでも長時間フライトは旅行の満足度upにはいきる。

 

マカオに到着。

空港に近く、かつ一番ゴージャスなカジノといえばベネチアンなので、

タクシーでベネチアンhotelへ。

 

ベネチアンのカジノはMACAUのカジノにしては雰囲気が良かった。

ただみんなギラギラとした目で、

黙々と賭けているのがマカオのカジノのイメージだが、

わりとみんなフレンドリー。

まぁ中国語で何を言ってるんだかわからないが、

そこそこ楽しく遊ぶことができた。

3時間ほどで+2万香港ドルほどプラス。

28万円ぐらい?

なんか最近つきすぎ。

 

満足したので、かの有名なサウナへ。

大多数の人の目に触れるところなため、

詳細は伏せるが、

売春合法国のサウナは他国を圧倒する。

男のマカオ旅行にサウナは欠かせない。

 

サウナ内では食い放+飲み放+タバコ無料

仮眠の部屋までついてて半日いれるんで、

ぶっちゃけホテルを取る必要はない。

 

サウナで寝て、いざカジノへ!!

 

・・・こっから今までのつきっぷりが嘘のように、

右肩下がり大負け

昨日の勝ち分を軽く飛ばした上に、

韓国で日本円に変えずに残しておいたウォン(50万円相当)を全て使い切った。

 

マカオのカジノは韓国と比べて辛いというイメージ。

その理由として、

1.まずレートが高い。

今の為替レートだと1万円=750香港ドル程度にしかならず、

1万円=11万ウォンの韓国と比べると、

どっちが遊べるかは一目瞭然。

テーブルゲームでのミニマムBETも1000ドル~が基本なので、

最低ベットが14,000円程度の計算になる。

ちょっと高い。

2.ブラックジャックのルールが辛い

マカオが辛いというよりも、

韓国のブラックジャックのルールが甘いというのが正しいかも。

韓国ではディーラーのフェイスアップカードがエースでも降りれる。

(ディーラー非ブラックジャック時に限る)

これは非常にデカイ。

エース&エースのスプリットは基本的に1枚しか引けないが、

さらにエースを引いた時に再度スプリット可能なのが韓国。

3.ブラックジャックのカードカウント不可

カードカウントで理論上プラスにできるのが

ブラックジャックの醍醐味なのに、

マカオではほぼ全てのテーブルでシャッフル機により、

毎ゲーム、カードがシャッフルされてしまう。

これじゃプラスにしようが無い。

 

まぁそんなことを言っても来た以上、やるしかない。

その後もサウナ⇔カジノの行き来を繰り返す。

その後も特に波乱万丈なく右肩下がりに負け続ける。

 

1回だけルーレットでピンポイント当たりで、

500ドル⇒18,000ドル(36倍)のキモチイイ思いをしたが、

それも後々バカラで吹き飛ばす。

 

帰国のフライトまで5時間ほどあるのに

カジノに使えるマネーが600ドル(=8千円相当)しかなかった。

低レートのスロットに100ドルを入れてチマチマと時間つぶし。

2時間ほどでなぜか100ドル⇒2000ドルとかになったので、

その2000ドル片手に、

ミニマム200ドルのブラックジャック卓で頑張るもあっさりなくなる。

 

韓国で100人以上の諭吉を入手したものの、

マカオでその分の諭吉を吐き出した。

結局夏休みトータルで、

カジノ収支はチャラオという結果に・・・^^;;

 

結局クルマもルイビトンも、

自腹で買った計算になった。笑

人生そううまくいくようにはできていませんね^^;

 

それでもなかなか面白いネタを輸入できた夏休み旅行は、

それはそれで充実していたのではないかと思う。

 

帰国後、翌日までふて寝

11月8日夏休み最終日はゆっくりと自宅で過ごす。

明日からまた仕事が始まるが、

夏休み1週間で4kgもの体重増加があり、

早く働いて元に戻さないとなんて思う。

夏休みでリフレッシュした分、

仕事頑張ります^^bb

 

今日の記事が良かったら、、、

1クリック応援よろしく!! → にほんブログ村

お陰さまで、医大生ブログ現在2位

 

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

最近のコメント

このページの先頭へ