春はメンヘラーの季節

と、よく言われますが。

自分もこないだ記事の彼女と別れる件のせいか、

この暖かくなってきた季節のせいか、プチ欝気味。

とにかくどれだけ寝ても眠いし、

日中もなんだかやる気が起こらん。

放課後も活動する気にならなくって家でグダグダ寝てるだけ。

しばらく続いたらちょっと病的かもしれんね。

 

メンタルヘルスと言えば、

我が母校のメンタルヘルス科主任教授はとてもイケイケな方でして、

めちゃめちゃイケメンな上に話が面白く、

学生からの信頼も厚かったんですね。

俺自身も、概ねつまらない大学の授業の中でも

そんな教授の講義だけはしっかり出て、

しっかり話聞いてたんよね^-^

 

そんな教授の講義中の話は、

講義から5年経った今でも覚えていたりする。

 

精神科の問題は、患者の身になって考えれば

全て答えが導き出せる。

わからないのは統合失調症だけ。

統合失調症だけ勉強すれば、精神科の問題は簡単。

 

自分はどの模擬試験においても、

意味不明に精神科の成績は良かったんだけども、

この教授の言葉は常に頭の片隅にあった。

 

統合失調症の罹患率は、

どの時代においても、どの国においても必ず1%

罹患率が増えることもなく、減ることもなく、

必ず100人に1人という不思議な病気。

shizo=悪魔として大量虐殺が行われていた時代でも、

患者は減らなかった。

これはなぜかというと、統合失調症という病気は、

人類が進歩していくために必要な病気であるからである。

人類の歴史を塗り替えていった天才達は皆、

shizo様の人格が良い面で開花した人物達だった。

 

ちょっと感動的した話。

 

人間の1日の体内時計の周期は25時間。

いつも決まった時間に寝るサイクルでは必ず1時間ずつづれていく。

 

有り得ない時間に寝て、有り得ない時間に目覚めていたりと、

当時、睡眠障害を抱えていた自分には

とても納得いった言葉だった。

 

そんな数々の名言を自分に残してくれた教授。

卒業式後の謝恩会で挨拶に行ったんだけど、

最後に握手を交わした際に、こんな言葉を言ってくれました。

 

-どの科に進んだとしても、

絶対に名医になるんだよ-

 

そんな教授の言葉を胸に・・・

日々レベルアップしていきたいと思っている。

 

にほんブログ村のランキング参加しております。

本日の記事の内容が良かったら

いずれか1つ応援クリックよろしくお願いいたします↓

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

最近のコメント

このページの先頭へ