昨日の当直について考察する

どうも。昨日は当直でした。

生まれて始めて後輩と組む当直でして、

自分自身も結構張り切って臨みました。

 

1年前の自分を振り返ってみても、

当時の研修医2年生にとても良く面倒を見てもらいましたし、

受けた分、自分もしっかりと後輩に~~って気持ちがあった。

最初の当直って後々かなり印象残るもんだと思うんですね。

恥ずかしくないようにキチンとやろうって思ったのです。

 

幸いなことに昨日の3人当直体制の

俺の上の先生はとても頼れる優秀な先生でしたんで、

とても支えになってました。

 

結果として昨日の当直は救急車もあまり来なかったし、

walk in患者もさほど多くなく、

全体としても特記だった落ち度も見当たらなかったと思うんで、

良かったと思います。

 

何よりも1年生の子はとても優秀でして、

1年前の自分との差に愕然としました。笑

彼女には数ヶ月で抜かれてしまう気がします。

聞いてみれば学生時代も成績トップクラスだったようで、

学生時代、劣等生だった自分とは対照的な印象を受けました。

 

研修医にとっての当直は、

最も勉強になる場面だと思うけれども

「当直をキチンとやる」の意味はなんなのか、

根本的な部分について考えてみる。

 

当直の対応でモメることは多々あって、

それは自分に非がなかったとしても

理不尽に責め立ちられることも結構あるんですね。

上の先生ある程度合わせなきゃならない部分もあったりして。

特に悪い対応をしていないのに怒られたりして。

 

色々とあるけれど、結局大事なことは単純で、

「患者の不利益にならないこと」

これさえ守れていれば他は何でもokだと思うんよ。

偽善者チックな言い回しに聞こえるかもしれないけど、

結局、医師という仕事である以上、

これさえ考えられていれば、

充分立派に仕事していることになる。

 

昨日の当直では、

肺炎で俺が入院させた患者がいて、

定形と非定型を両カヴァーの意味をこめて

βラクタム系+キノロン系の2剤の抗生剤を入れた患者がいたんだけど。

 

朝会の後に同期の2年生が、

その肺炎の担当になった同期の2年生に対して

I「あれ2ついってる理由なんなん?」

I「わけわからんよなー」

I「誰が入れたん?」

N「当直で入ってたんだけど・・・」

なんて会話が俺の真横で繰り広げられていて。

俺が恐る恐る

「お、おれがいれたんだけど・・・^^;;」

と言うと、その同期Iは

非定型カヴァーとしてかぶせるならば

マクロライド系、特にアジスロマイシンだろと言ったんよね。

 

その時の彼の言い回しは正直ちょっと鼻についたんだが、

彼は俺の100倍は頭が良くって、

俺の100倍は勉強している、

すげぇ優秀な奴なんよね。

「くそ~~」と思って、

普段から参考にしてる抗菌薬の本で調べてみると、

memoとしてちょろっとこんなことが書いてあった。

 

肺炎球菌のマクロライド系抗菌薬に対する耐性化が進み、

本邦では70~80%と高率である。

しかし国内で実施した成人市中肺炎に対する

アジスロマイシン臨床試験では、

肺炎球菌性肺炎の76.5%に有効性が認められ、

高度耐性化が検出された症例でも有効性が認められている。

 

またマクロライド系抗菌薬と他剤との併用療法が注目されており、

欧州でのICU管理の肺炎球菌性肺炎を含む重症市中肺炎患者を対象にした、

βラクタム抗菌薬にマクロライド系抗菌薬もしくは、

ニューキノロン系抗菌薬を併用した比較試験では、

マクロライド系抗菌薬併用群で有意に死亡率が低かった。

マクロライドの抗菌力以外の作用も関与し、

肺炎の死亡率を改善する可能性がある。

(本当に使える!抗菌薬の選び方、使い方ハンドブック より)

 

こんなこと教わった記憶もないし、

聞いたこともなかったんだが、

その優秀な同期の言ったとおりのことが書いてあった。

 

そのことを彼に言うと、

「こういう細かい知識が患者を救うときが来るんだよ^^」

と彼は言っていた。

さすがだわ~って思った。

 

患者の不利益にならないことが第一優先とするならば、

俺自身も、もっともっと勉強せなと思う。

麻酔科医なるもの他科にわたる幅広い知識が必要だし、

研修医2年間のスーパーローテーションは非常に大事。

せっかくやるなら、頼れる麻酔科医になりたいもんです。

 

多少支離滅裂な記事にはなったが、言いたいことは

生まれて初めて後輩と臨んだ昨日の当直も、

なかなか充実していましたよってことね。

 

↓今後とも応援クリックよろしくお願いします↓

(↓いずれか1つのクリックで充分です↓)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

ランキングの参加ジャンルはまだ手探り状態です

 

あわせて読みたい関連記事

“昨日の当直について考察する” への2件のフィードバック

  1. 148.8 より:

    お疲れさまです。
    昨日は、当直でゼロから色々教えてくださり、本当にありがとうございましたm(_ _)m

    初めての当直、まじですごい楽しかったです!
    これから先、ずっと心に残ってる当直だと思います。先生と入れてよかったです。

    聞いてみれば…って、一体どこからの情報か分かりませんが、それはすごい間違った情報です~_~;
    本当に何も知らないので、優しく指導してもらえて、すごい嬉しかったです。

    最近は、分からないことしかなくて、1年後に今の2年生みたいになれてる気が全くしません(T_T)が、ちょっとずつ慣れていこうと思うので、2年間よろしくお願いします!

    • 大ふへん者 より:

      148.8様
       どうもー。ぼくも一緒に入れて良かったです。
       後輩に見られてるって思うことで意識する部分も出てくるんで、
       自分自身も勉強になりました。
       初めての当直とは思えない優秀っぷりでした。
       今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

最近のコメント

このページの先頭へ