あいつ働かねぇなぁーと言われないように

昨晩は当直だったんですが、

夜中マジで起きれなくって上の先生と下の後輩を働かせてしまった。

夜中の救急車は上と下はいるのに、真ん中の俺だけ居ないという、

カオスな状況を後々電子カルで確認して萎えた。

 

何故か中一日で当直を詰められてたという言い訳はあるんけども、

予測できた疲労に対して自己管理できてなかった自分は悪い。

働かない上に殺意が芽生える下当直を経験しているだけに、

すげぇ罪悪感でいっぱいだった–;

その昔、こうなりたくないという上医像に

自分が近づいてる気がして吐き気がした。

どこかでデキレジの後輩と、超働く上医に甘んじてた。

 

最近の当直は症例的にもいまいち面白みに欠けていて、

当直モチベーションが下がっていたっていうのもある。

 

なかなか重症も来なかったりして、

最近の楽しみ方としてはその後のフィードバックが主だったりする。

自分の処置が正しかったのかどうか、何か見逃してないのかどうか、

その後の先輩の外来で確認する。

それについて本で確認する。

グダグダ本を読んでいくよりも

100倍は血となり肉となる勉強方法だと思う。

 

話はそれたけど次からはちゃんと体力を蓄えて当直に挑もう。

ちゃんとやらんと憎まれる以前に力もつかないからね~

 

本日の記事の内容が良かったら

いずれか1つ応援クリックよろしくお願いいたします↓

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

(未だにひっそりと参加している
人気ブログランキングはこっち。)

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

最近のコメント

このページの先頭へ