なにこのゴミ処方?・・・と言われないためにー屋久島5日目

ネット環境が悪すぎて、ひと記事アップするのも一苦労です。

それでも夜はやることなさすぎて頑張って投稿しちゃってます。はぁと

 

今のところよりもう少し南に行くと、

西部林道とかいう人がだれも住んでないかわりに、

猿と鹿がたくさん溢れていて、

かつ人通りが夜は皆無で、

携帯電話が一切通じないという、

日本国内とは思えないマジキチな場所になる。

そこに比べればまだ通じてるだけマシなんだが、

・・・要するに何が言いたいかというと、

電波が弱いっていうことね。笑

 

画像1枚アップロードするのが大工事になってしまうんで、

今日は画像なしで。

 

今日は口永良部島という、

おととい30年ぶりに噴火した山のある島に行った。

ニュースにもなってるみたいだから、全国的にも微妙にhotな島。

すでに島の人の三分の二は屋久島に避難してきているらしく、

島に残ってる人は40人ぐらいらしい。

 

・・・そんなとこに行って、患者いるの・・・?

 

と激しく疑問だったのだが、

指導医は目を輝かせてこう言う。

 

行くことに意味がある。

それだけでみんな安心するでしょー

 

台風の影響もあり、海はかなりうねっていた。

激しく揺られる漁船で島に向かう。

こんなに酷い船は初めて乗った。

船酔いする人には地獄だろう。

 

4人ほどの患者を診察し、

午後にはもう漁船で屋久島に帰ってきた。

無事に帰ってこれてよかった。

 

残ってた島の人たちは噴火したばかりというのに、

大したことないよーとかなり余裕な感じだった。

 

それにしても、この先生、

観察すれば観察するほど魅力的なドクターで。

俺も病んだら診てもらいたいぐらい。

彼の言葉一つ一つはとても説得力があって、すげえ勉強になる。

 

今日印象に残った話はローカリストとスペシャリストの話。

 

自分の専門分野はピカイチでも、他は全く見れない

ローカリストというのが正しい。

他もある程度診れたうえで、自分の極めた専門分野がある人

→これが本当のスペシャリスト

 

スペシャリストになれ

・・・とよく後輩に言っているという。

 

それに関連して、

高血圧、糖尿病、高脂血症

この3つの最新のガイドラインはどの科の医者であっても、

毎年チェックして、

常に知識をアップデートする必要があると言っていた。

それは眼科であっても皮膚科であっても形成外科であっても変わらない。

それはひとりの医師として基本的な姿勢であると。

 

・・・さもないと、自分の処方に対して

 

狭心症後なのにスタチン入ってねぇ!有り得ない!-ヒソヒソ

 

ARBとACE-iが被されてるん意味不明、キチガイ!-ヒソヒソ

 

研修医にまで馬鹿にされる医者になっちゃうよって言ってた。

ほんとにその通りだなと思った。

 

午後は少し晴れたので海水浴へ。

海がマジで綺麗。底の底まで透き通ってらぁ!

 

そっから温泉に向かう車の中で、

山に虹がかかってるのを見て、

泣きそうになった。

 

生きていてよかったと。

 

本日の記事の内容が良かったら

いずれか1つ応援クリックよろしくお願いいたします↓

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

(未だにひっそりと参加している
人気ブログランキングはこっち。)

 

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

最近のコメント

このページの先頭へ