医者をやらせてもらえない空しさ

以前、名医の条件とはという記事を書いた。

他の医者をdisらない医者が名医の条件という話であった。

 

駄菓子菓子、日常生活、これに終始徹すると

とてもキモイことになる。

男数人が寄ってたかって、

「○○先生はすげぇ」

「カッコイイ」

「イイ人」

・・・とかいう会話だけで小一時間もってしまったら怖い。

 

やはり面白い会話にdisは必要。

 

さらに言えば。

あまり親しくない人と仲良くなるためには

共通のdisで共感を得ることが最強の近道である。

 

というわけでdisりも使い方によっては

かなりの凶器になり得るわけ。

今はあんまり仲良くないけど、仲良くなりたいなんて人がいたら、

職場の共通の敵をdisるトークをすれば、

グッと近寄れること間違いなし。

 

このことはブログに応用することもできる。

何かをdisる記事は、ツボにハマった層には、

かなりの共感を得ることができるであろう。

 

でもそれにはリスクが伴うんで、俺はあまりしてない。

ホントいうとdisりたいこともたくさんある。

 

ぶっちゃけ今の外病院での1ヶ月の研修は、

研修医が全く医者をさせてもらえないので、

毎日かなりのフラストレーションがたまってる。

立って見てたりとか、

医師免許が全くいらない仕事しかない。

医者をさせてもらえないので、当然暇なのだけど、

仕事がないほど苦痛なことってないからね。

 

まだ医者としては半人前の初期研修医なのだから、

それは本来あるべき初期研修医の姿なのかもしれない。

でもこんなにつまらない初期研修が続くようなら欝になるね。

 

1ヶ月でよかった。

…そしてそれももうすぐ終わる。

 

普段の研修にもいろいろと文句があったけれども、

相対的に見ればとてもイイ病院で普段研修させてもらえてるんだ

ということが身にしみてわかった。

初期研修も残り少ないけど、

残りの一日一日の価値を噛み締めて過ごしていこうと思った。

 

本日の記事の内容が良かったら

いずれか1つ応援クリックよろしくお願いいたします↓

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

(未だにひっそりと参加している
人気ブログランキングはこっち。)

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

最近のコメント

このページの先頭へ