進路に悩む君へ

最近、3年目の進路で悩んでる同期が多い。

後期研修の進路にかかわらず、

長い人生一生左右する選択をする機会はみんな多いと思うんで、

今日は後期研修に限った話ではなく、

大きなくくりで記事を綴ろうと思う。

 

人生とは選択肢の繰り返し。

何かを捨てて何かを選んで今がある。

 

でも、振り返ってみて

「この選択肢が最善だった」なんてことはわからないし、

捨てた選択肢の先は何もわからない。

 

結局「今」がどうなのか。

選んだ選択肢を正解にできるかどうか

に全てがかかっているといっても

過言ではないと思う。

 

具体的な話を言うと。

俺は中学受験で同じぐらいの偏差値の2つの中学に受かって、

ひとつを蹴って、ひとつに入学した。

それから十年ちょっと経った今、

蹴った方の中学(高校)の偏差値は当時よりも5~10はupしていて、

すげぇ難関高校になっているようだ。

 

何がイイのかわからないが、

イイ高校という評価を受けている証といえる。

 

一方で俺の入学した高校は色々な意味で大変なところだった。

苦しい思いをしたことも沢山あった。

 

・・・でも、俺は。

 

今があるから。

自分の高校に入学してよかったと心の底から思ってる。

むこうの高校に入学していたらなかった出会いや感動、

楽しさが想い出に刻まれてる。

 

大学だってそうだ。

ぶっちゃけ第一志望の大学ではなかったけども、

今は母校LOVEだし、

第一志望の大学には行かなくてよかったとすら感じている。

 

結局大事なのは

選択する時ではなく、

選択した後、自分の選んだ選択肢を、

どれだけ正当化できるかにかかっていると思う。

 

医学部入学するのだって、

初期研修先の病院だって、

後期研修から先の専門だって、

その場のノリや直感でさっと行ってしまえば、

それでイイんじゃなんじゃないのかなって俺は思ってる。

 

-結局は色々んな人の話を聞いた上で、

 あまり悩まず

 直感で決めれば全部正解なんじゃ?

 

俺は自分の今の初期研修先は正解だったと思ってるし、

大学も高校も正解、再受験も正解、

ブログ始めたのも正解、

元カノと付き合ったのも正解、

i-phone5にしたのも正解、今のデジカメ買ったのも正解、

さっき食ったラーメンの「全部のせトッピング」を諦めたのも正解、

全部が大正解だったと思っている。

 

極論を言えば、

結婚する相手だってそんなもんじゃないのかなって思ったりする。

 

本日の記事の内容が良かったら

いずれか1つ応援クリックよろしくお願いいたします↓

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

 

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

最近のコメント

このページの先頭へ