幸せとは常に相対的なものなり

屋久島から帰ってきました。

これまで置かれていた日常が、

いかに便利で、いかに幸せで、

いかに楽しい日々を送っていたのかをよく実感している日々です。

 

よく出てくる話題でもあるが、

幸せとは常に相対的なものであるとつくづく思う。

今ある日常がとても幸せであるということに、普段は気づけない。

 

便利な日常から離れて初めて、

これまでの生活が幸せであったことに気づく-

 

彼女にフラレて初めて、

彼女と過ごしていた日々が幸せであったことに気づく-

 

もっともっと言えば明日、両眼を失えば、

これまでの生活がいかに幸せであったか悟るであろう。

 

今この現状がいかに幸せなのかってことを自覚して、

そのことに感謝しなければならない。

ヒトはさらなる幸せを常に求め続ける生き物であるが、

現状がこの上なく幸せであるという事実は

けして忘れてはならない。

 

そんなわけで

彼女がいない今の俺でも充分すぎるほどに幸せなのだと自覚した。

禁煙も成功しちゃったっぽいんで、

男子としてのスペックはグッとupした筈。

 

次なる目標は、減量してスリムだった頃の自分を取り戻すこと。

 

ニコチン中毒を克服できた俺なら、

10kg程度の減量は楽勝だと思ってる。

 

とりあえずは食事制限と運動を習慣づけること。

あとは補助的に薬剤を使ってみる。

ダイエットの様子も需要があれば記事にしていこうかしら。

 

本日の記事の内容が良かったら

いずれか1つ応援クリックよろしくお願いいたします↓

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

(未だにひっそりと参加している
人気ブログランキングはこっち。)

あわせて読みたい関連記事

“幸せとは常に相対的なものなり” への2件のフィードバック

  1. なお より:

    いつも楽しく読ませて頂いてます!

    ダイエットの記事、ぜひ読んでみたいです(^^)きっと大ふへん者さんなら、面白いダイエットブログを書かれることでしょう!そして、成功されるでしょうね。

    応援しています。

    • 大ふへん者 より:

      なお様
       どうもー^^
       なんと!!乗っからせてもらってぼちぼち書いていこうと思いますねー^^

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

最近のコメント

このページの先頭へ