外来の楽しみ方

救急外来のwalk inは当直で沢山やらされてきたけれども、

内科などの一般外来はこれまで未経験でした。

他の研修医は今までもやってたみたいなんでけど、

自分の場合は今月が2年生の初内科だったりして、

今月が一般外来童貞卒業月と、

すこし遅めの外来デビューでした。

 

救急外来に比べて健康な人が来る一方、

出す検査はより「必要十分」である必要性があったりして、

救急外来よりも若干ハイレベルなスキルが要求される(・・・と思う。)

 

外来やらされる=欝 みたいな風潮があるけれど、

自分の場合はそんなに「嫌いではない」

ごったがえしてるクソ忙しい外来は嫌だけど、

まったりと診れるならやってもいいかなって思う。

 

患者の話を聞き、診察して、

何を疑って、どの検査を出すか。

そしてその検査結果を自分で評価して、対応を下す。

後の上医のフィードバック(・・・ないこともあるが^^;)で答え合わせをする。

これはこれでなかなか面白いゲームだと思う。

 

楽しみ方としては復習の2文字につきると思う。

やりっぱなしの外来では面白みがなく、

ただのやっつけ仕事で終わってしまう。

あれはどうするのが正解だったのか、

後に教科書を広げるなり、誰かに聞くなりして勉強する。

完璧な対応ができていれば、

それはそれでキモチイイものである。

 

とりあえず外来をやる最低限の姿勢として、

高血圧、糖尿病、高脂血症の最新のガイドラインだけは

目を通しておこうと思う。

こんな経験だって、優秀な麻酔科医にとっては、

将来的に生きる経験になるであろう。

 

本日の記事の内容が良かったら

いずれか1つ応援クリックよろしくお願いいたします↓

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

(未だにひっそりと参加している
人気ブログランキングはこっち。)

 

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

最近のコメント

このページの先頭へ