気管挿管は芸術でありアートである

5月いっぱい外科でお世話になりました。

思えば人生最後(?)の外科が終わりました。

 

昨年を思い返せば、

外科といえば忙しい印象でしたんで、

覚悟していたけれども・・・

実際は不完全燃焼な1ヶ月でした。

 

担当患者は基本的に1年生主体なので、

上医+1年生のペアに、

中途半端に2年生の自分が位置していました。

そして2チーム分の中ベンだったので、

あっちいったりこっちいったり、

なんとも宙ぶらりんな位置でした。

 

そして昨年度に比べて外科の常勤医は増えた一方で、

患者は減っていたんで、

対象となる症例が少なかった。

術者症例も、アッペ1件だけでした。

 

よかった点としては、

自分が麻酔科志望という点をボスが応援してくれていて、

病棟の急変の挿管を、

優先的に自分に回してくれたことでしょうか。

 

やっぱり病棟の急変の挿管だと、

腰を据えてゆっくりと挿管できるope室と全然違うもので。

めちゃめちゃ苦しがってるSpO2 78%とか。

急速にSpO2が下がっていくとか。

SpO2 60%台で横ばい、マスク換気でも80程度までしか上がらない。

・・・とか、

絶対にミスれない場面で挑む挿管は、

とてもイイ経験になった。

 

マスク換気してれば最悪大丈夫

・・・なんて思ってたけど、

マスク換気も人によっては、

ものすごく難しいものなんだと悟った。

 

声門までしっかりと探す余裕がなかったりで、

喉頭蓋まで見えたところで

ある程度ブラインドでやるしかない場面もあった。

 

6月からは麻酔科救急科でお世話になりますが、

Epi(硬膜外麻酔)もやらせてもらえるみたいなんで、とても楽しみ。

有能な麻酔科医を目指して

明日からも頑張っていこうと思う。

 

本日の記事の内容が良かったら

いずれか1つ応援クリックよろしくお願いいたします↓

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

最近のコメント

このページの先頭へ