学会参加感想-日本麻酔科学会第61回学術集会

3日間行ってきました。

生まれて初めての学会参加。

概ねマニアックでしたが、刺激を受けた3日間でした。

 

前夜はhotelに宿泊。

写真 6

みなとみらいを一望できる夜景は素敵でした。

きっとここは男女で泊まるべきところなのだろうと一人夜思う。

 

翌朝は遅刻気味。

写真 2

705620_304366979683226_2083941979_o

 

すでに会場に到着している先輩からLINEが。

 

-目につく演題って人がゴミみたいに溢れかえってるわ-

-もう嫌になった-

 

・・・ま、まじか・・・。

 

気にせず目に付く演題に参加してみるが、

大ホールのため混んでいても比較的まったりしていた。

最新ガイドラインに基づいたクイズ形式のものだった。

中にはかなりマニアックな話題も。

最後のTEEの話題は普段馴染みがなかったので、

とても新鮮でした。

血圧低下時に10秒で原因を診断できるTEEはすげぇーんだぞ、

心臓麻酔科医以外も使えないとダメよって話でした。

TEEをいじってみたくなったけど、

今の病院ではTEE自体が存在しない^^;

悔 し さ し か 残 ら な か っ た 。

 

その日は大学病院の麻酔科の先生方に夜飯連れて行ってもらった。

生まれて初めて降り立った中華街。

写真 4

中華屋では偉い先生に囲まれた卓で飯を食う。

粗相のないようにと細心の注意を払う。

きっと、こういった時に部活で鍛えられた人らは強いんだろう。

来年からお世話になるであろう、

色々な先生と話せてよかったと思った。

 

翌朝もぐだぐだしようかと思ったけど、

医学生、初期研修医(招待者)は必修参加

というものがあったので、ちゃんと起きていった。

必修参加っていうぐらいだから、

行かないととんでもないことになるのではとビビっていたが、

最初から最後まで出席をとる気配すらなく終了。

 

昼飯は現病院の同期と食った。

彼も7割がた麻酔科に決めている様子。

初期研修で麻酔科が必修科目になってから、

麻酔科志望者は年々増加傾向にあるという。

 

午後は、手術室での危機管理

突然の危機に際しても麻酔科医がコマンダーとなって冷静に対応する

というのを聞いた。

 

その後、近場の温泉へ。

写真 3

 

リフレッシュした後、

一緒に飯を食う約束をしていた子と夜飯くって2日目終了。

 

3日目の最終日も大学病院の先生方に昼飯誘われて、

再び中華街へ。

帰り際、主任教授とかたい握手まで交わしてしまった。

来年の進路がほぼ決まってしまった瞬間と思われる。

俺は俺で満更でもないんで、これでよかったと思った。

 

今後、麻酔科以上に魅力的な科が現れない限り、

このままの流れでイイと思う。

LET IT GO-ありのままで。

 

概してとても刺激的な3日間でした。

行かせてくれた現研修病院と、

歓迎してくれてた大学病院の先生方に感謝して止まない。

 

本日の記事の内容が良かったら

いずれか1つ応援クリックよろしくお願いいたします↓

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

 

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

最近のコメント

このページの先頭へ