マスク換気の技術こそ大切

最近麻酔の記事書いてなかったんで、

しゅれっとひと記事書きます。

 

患者の急変時はわりと挿管できるか否かに目が行きがちであるけども、

挿管以上に大切なのがマスク換気の技術

挿管できなくてもマスク換気ができれば最悪、

目の前の患者を死なせることはない。

 

マスク換気の技術 >>> 気管挿管の技術

 

挿管困難例があったとしても、

マスク換気のテクニシャンがいればとりあえず最悪の状況は防げる。

マスク換気を施している間に、

ブロンコを準備するなり、

AWSを準備するなりしてればいい。

 

喉頭浮腫とかで気道閉塞してたら、

空気が全部、胃に流れちゃうじゃんって思うかもしれんけど、

こんな場合でも意外にもマスク換気は有効らしい。

緊急気管切開の準備をするのはもちろんのことだけども、

この間も可能な限りマスク換気をし続けることは大切。

 

さて、そんなマスク換気だけども、

単にマスクをあてて換気すればいいだけに見えるけど、

実はかなり奥が深い。

アゴ長な人だったりすると、マスクをfitさせるのに一苦労。

ちゃんとfitさせてるのになぜか通りが悪かったり。

気管挿管のテクニシャンもカッコイイけど、

それ以上にマスク換気のテクニシャンはイケメンだ。

 

麻酔科医を志す以上、

そんなマスク換気には本気で向き合わなければならない。

そんなことを意識しつつもみもみしている最近の麻酔科研修でした。

 

本日の記事の内容が良かったら

いずれか1つ応援クリックよろしくお願いいたします↓

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

(未だにひっそりと参加している
人気ブログランキングはこっち。)

 

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

最近のコメント

このページの先頭へ