第二助手

どうもお疲れ様です。

日によってモチベーションの浮き沈みはありますが、

わりと外科のキツさにも慣れてきたかなーと思います。

同じチームの上の先生は

俺の比じゃなくめちやめちゃ働いてますんで、

俺ごときの仕事量で、

ぐじゃぐじゃ言ってられないですね。

 

今日は「第二助手でope入ってくれ」と言われたので、

「第二助手ってなにやるんだろー?」

若干ワクワク感もあり、

残ってた仕事放り投げてオペ室へ。

 

・・・。

 

・・・・・・・。

 

・・・・・・・・・・・・。

 

ただひたすら、

「肝臓」を押さえてるだけの

1時間でした^^;

あれはなんか、

代わりに押さえておく「道具」みたいのないんですかね?

相当、空しい力仕事でした。

しかも術野が狭いので、

全く手術も見れず、

むしろ見学してた方が100倍勉強になるのでは?

といった印象でした。

 

あと今日の出来事といったら、

我が病院の誰もが尊敬する外科のスーパードクターの娘さんが

俺の高校の同級生だったと発覚したことですかねー^^

衝撃的でした。

世の中、狭いですね。

 

今日の記事がよかったらポチっとよろしく!! → にほんブログ村

お陰さまで、医大生ブログ2位^^b

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

最近のコメント

このページの先頭へ