医学でも、なかなか面白い人生ゲームを歩めそう

ゆとりの内科研修からhyperな外科研修へ。

原因不明の発熱もあったけれど、体力回復し、

そして今日1日は割とゆったりとしていたので、

結構突っ込んで勉強できたかなと思います。

 

学生時代の勉強では、どの科目も

「面白い、興味ある」と感じたことは、

はっきりいってなかった俺。

「嫌いな科目」はあったけど

「好きな科目」ってゆうのは皆無でしたねー。

 

・・・唯一、精神科の成績だけは

模試でも学内のテストでも毎回意味不明に良かったんで、

「ひょっとして、得意?」なんて思いましたが。笑

(循環器得意とかだったらカッコイイけど、

精神科得意ってなんか微妙な気がするのは俺だけ?)

 

そんな俺だったけれども、最近では少しずつ、

医学なるものも、

なかなか面白いんじゃないかなー

なんて思い始めている。

 

今まで意味不明だった用語・概念たちが、

実際の現場に出ることで、

徐々に解読出来始めてきてますね(・∀・)

何事でも、

知的満足度が得られるって事は、

心地よいものですからねー。

 

外科とか忙しくても、

自分が執刀できるとなったら、

きっと楽しくて仕方がないんじゃないかなー

なんて思います。

 

まずは外科の専門医でも取って、

スペシャリテイーを身につけるのも、

なかなかアドレナリンの出そうな人生な気がしますね^^b

外科なら潰しも効きそうですし。

 

とりま今の病院では、

将来何科に進むにせよ、

ありとあらゆる科をざっくりと見渡せる事を目標に、

やっていこうかなーと思いますね。

今日の記事がよかったらポチっとよろしく!! → にほんブログ村

 

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

最近のコメント

このページの先頭へ