イケメンすぎる専門家たち

今日は夜に緊急opeありましたねー。

仕事が増えて時間的縛りが生まれて嫌な反面、

なんだか少しワクワクした気分も出てきてしまうのが、

緊急手術症例の不思議な部分ですね。

少しずつ3年目からは消化器外科の専門もアリかななんて

思い始めてる自分がいますね。

この先どうなるかわかりませんが。

 

今日は自分の専門になると、

まるで漫画の中のように

急に性格が変わるイケメンすぎる医師をご紹介します。

 

まずはぼくらの病院の外科の先生ですねー。

研修医1年目の時点から沢山切ってきた経験があるそうで、

腕が良いことで評判です。

この人はとっても優しくて、ギャンブル好きなエロでして、

俺ととってもとっても気の合いそうな方。

 

この先生のopeに一度一緒に入らせていただいたことがあるのですが、

普段優しいのに、

手術中はめちゃめちゃ厳しい人に豹変するんですねー^^

-こういうのはこの病院では看護師がやってくれちゃうけど、

 他の病院では研修医がやる仕事だから、ちゃんとやるように!!-

とよく言われてます。

真剣さが伝わってきますし、

すごく尊敬できます。

 

もうひとりの先生は整形外科のスペシャルドクターですね。

何年目なのかは知らないんですが、相当のベテランですね。

普段すごく優しくて、

アホな俺にも丁寧に教えてくれて、

とても頼れる先生なんですが、

この先生と一緒に当直したときにビックリしましたねー^^

 

それまですごく優しかったのに、

骨折の患者のレントゲンを見ていた時に

俺が座ってた椅子を後ろから蹴りながら

「おい、これどこが折れてるんだ?何骨折っていうんだ?」

おい、おい!!」

・・・と、

突如ゴリゴリ系に豹変しました。笑

 

こういう人は、ぼくは大好きですねー^^

自分の専門になると性格が変わる。

それほど自分の仕事に真剣になっているという証ですし、

すごくカッコイイですね。

 

俺もそれぐらい真剣になれる分野を見つけて、

アツイ専門家になりたいなと思った7月の夜でした。

 

今日の記事がよかったらポチっとよろしく!! → にほんブログ村

お陰さまで、医大生ブログ現在2位^^b

 

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

最近のコメント

このページの先頭へ