アッペが逃げてゆく

1年生のぼくらが外科を回る際に

最も外科研修の醍醐味となるのが

アッペ、ヘルニアの術者。

アッペってのは世間で言われている

「盲腸」ってやつのことね。

 

6月はまだ外科にきたばかりということで、

さすがにやらせてもらえませんでしたが、

一昨日アッペが入院となった時に

 

部長「じゃあ術者は大ふへん者ね」

部長「JKだから綺麗に縫ってあげてね」

 

とかキタコレ!!

俺の清純な蒼い術者童貞がJKに奪われたりけり、

いよいよ術者デビューができると思いきや・・・

 

このアッペは保存的治療の方針となってしまい、

術者デビューは先送りに >_<

 

まぁまぁいずれまた来るさと思った矢先、

本日!!

 

部長「今日もアッペきたよ^^大ふへん者ね。」

 

キタコレ!!

 

いよいよ術者デビュー!!!

 

・・・!

 

・・・・・・・・・!!!

 

と、見せかけてやはり

「朝言ってたアッペだけど、なんか逃げちゃったみたい・・・」

と言われた。

 

手術になりそう的な雰囲気を察したとたんに、

患者が病院から逃げ出したそうな。

 

俺のアッペが逃げてゆく>_<

 

経験者に話を聞いてみると、

ヘルニアは結構難しいらしく、

勉強していっても、よくわからなくて微妙らしいが、

アッペは勉強していくとかなり楽しいらしい。

やってみてぇー!!

深夜とかでもいいから来ねぇかなーとか思った

7月、夏の始まりの夜でした

 

今日の記事がよかったらポチっとよろしく!! → にほんブログ村

お陰さまで、医大生ブログ現在2位^^b

 

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

最近のコメント

このページの先頭へ