たまには緊急手術もwellcomeで

ここ最近はわりと暇な我がチーム。

患者の急変なし手術もなし。

 

水曜日や木曜日なんかは、

日勤の救急車対応にばかり呼ばれまくってて、

外科研修というよりは、救急研修。

 

1週間外科やっててまだ手術入ってねー!

まぁいいか~

 

なんて思ってて、金曜日も何事もなく終わると思いきや、

どうやら外来から入院になりそうな人がいるとの情報キャッチ。

 

その後も10分おきぐらいに電カルをモニターしていると、

最後の一行に「・・・であり本日、緊急手術」と。

 

ここ2~3日間あまりに暇だったので、

この緊急opeはどっちかというと自分の中で嬉しいイベント

 

思えば、学生のポリクリのときはopeなんて嫌で嫌で仕方なかったもの。

不思議な変化。

人間やっぱり刺激がないと人生面白くないんでしょう。

 

術者が3人入ってて俺は後ろで見学。

開腹され、内蔵が露出。

そしてあっという間にありとあらゆる部分が結紮されてゆき、

問題の臓器が摘出される。

それからしばらくして、

 

「そしたら大ふへん者くん、そろそろ手洗いしてきてー」

 

どうやら最後に腹を閉じるところをやらせてくれるらしい雰囲気^ω^

人生で始めてopeに参加させてもらえる瞬間^ω^

 

一人で外に出て、手洗い。

中に入って手袋装着。

ガウン着用。

準備ok。

 

まず開いてる腹の左右の皮膚を引き寄せて、

まずは深い部分を普通にナート。

10針~20針ほどだったかな?

一通りやり終えたら糸をハサミで切るんだけど、

「音を立てずに切る」のが定石だとか。

どれだけ頑張っても「パキン」と威勢の良い音が出てしまう。

 

それが終わったら念入りにナートした傷口を生理食塩水で洗う。

ひたすら洗う。

その後、ホチキスみたいな奴で

「ガシャ、ガシャ」っと傷口を閉めて完了。

手術時間はトータルで90分程。

 

手術完了後、最後に術者同士で固く握手を交わす。

これがなかなか、イイ瞬間^ω^

 

術後の患者の状態をチェックした後に

みんなで医局のベランダで一服しながらビールを飲む。

キンキンに冷えてるビールがたまらなく旨かった。

 

6月最初の花金は、なかなかイケてる夜でした。

今日の記事がよかったらポチっとよろしく!! → にほんブログ村

 

あわせて読みたい関連記事

“たまには緊急手術もwellcomeで” への2件のフィードバック

  1. 研修医 より:

    病院によって外科も全然違いますね。

    胃全摘から胆摘、虫垂炎とこの1週間で10件ほど清潔で。

    朝9時から夕方までや、緊急で23時過ぎることも。

    どちらの病院が良いのでしょうかね。

  2. 大ふへん者 より:

    どうも^^お久しぶりです!!
    まぁそれでも、当直無し、土日祝日ありならいいのではないでしょうかねー。
    外科回ってるならopeがあったほうが楽しいとは思いますねー
    おたがいがんばりましよー

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

最近のコメント

このページの先頭へ