on-offきっちりしたい

受け持ちがいると、

どうしてもグダグダになる。

 

年末年始で明日から1月3日まで休みっていったって、

休んだら6日間、入院患者放置ってことになるんで、

受け持ちがいると休めなくなっちゃう。

内科は3人で話し合って、

それぞれ担当日を決めて各々休めるようにした。

 

年末年始、実家も帰れなくなっちゃいますからねー。

 

仕事もぐだぐだ1日続くよりも、

9-17時でクソ忙しいが、終わればフリー、、、って方がいい。

 

on-offきっちりしたいっていう意味でも、

麻酔科は魅力的(・∀・)

 

人間ってoffの時間があるから頑張れると思うのよ。

仕事楽しーとかいったって、

楽しいことだってずっとやれば飽きるし、

違うことをする時間はないとやっぱりダメ。

 

とはいえ医師という職業柄

なかなか時間きっちりできる場面も少ないことも事実。

そんな中でも将来の道は

時間きっちりできる方向に進むことを第一に考えたいな

とか思ってる。

人生一度きり、エンジョイしなきゃ勿体無いね

 

ただよくよく振り返ってみれば

医師国家試験の受験生だった頃よりは

社会人の今の方が時間きっちりなことも事実。

受験生は基本的にずっと勉強という名の仕事に縛られる。

たとえ勉強してなくて遊んでいる間もずっと、

受験生だという精神的プレッシャー下にいるわけで、

これはメンタル衛生上、非常によろしくない。

24時間仕事しているようなもん。

 

今受験生の方々は、あと1ヶ月ちょっとですが。

1ヶ月後にドット解放される幸せは最高です!!

勉強頑張ってくださいね。

 

今日の記事が良かったら、、、

1クリック応援よろしく!! → にほんブログ村

医大生ブログ1位です。応援ありがとう!

 

 

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

最近のコメント

このページの先頭へ