結局、好きか嫌いかでしょ

・・・ていう部分は人生、生きている中でかなり多い。

 

同じことをやったとしても、

責められる人と責められない人がいる。

 

同じことをやったとしても、

人を怒らせる人と、怒らせない人がいる。

 

同じことをやったとしても、

好かれる人と好かれない人がいる。

 

好かれやすい人、

好かれにくい人はいると思うが、

100人中100人に好かれる人はいない。

人気者を嫌う人もいるからね。

 

結局何をやっても好かれていれば許されるし、

嫌われてれば許されなかったりする部分ってあると思う。

 

以前のブログ記事

泣き虫ドクター

に登場したI先生ですが、

この先生には意味不明に好かれてる自覚がある。

 

I先生はこの当直以来、

ほとんどといっていいほど、怒られた記憶がない・・・

逆に誉められる機会が多い。

当たり前のフツーのことをやってて誉められる。

 

怒ると泣き出しちゃうからか・・・

はたまた俺を教育する方針を変えたのか・・・

 

第3者的に見ると見捨てられた感がするかもしれんが、

実際はそんな感じでもない。

 

そんなI先生が今日こんなことを言ってくれた

 

「大ふへん者くんは看護師さんからの評判はイイ(・∀・)よ」

「患者さんをよく診てるって」

「半年前とは別人ってさ」

 

・・・。

・・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・。

 

もっとホメてくれ

 

もっとホメてくれ

 

もっとホメてくれ

 

・・・と、嬉しかったのだけども、

最近の自分を振り返ると、

そんなことあるかぁ?

と激しく疑問だった。

 

ここ1ヶ月ぐらい、内科が忙しすぎて、

ロクに患者の顔を見ない日が結構続いていた。

 

入院患者の流れ作業と、退院患者の流れ作業、

入院患者のオーダー、家族へのムンテラ

その一連の病棟業務の回転が早すぎて、

業務をこなすのにいっぱいいっぱいで。

その上で救急車対応には呼ばれるし、

意味不明に病院外の業務には駆り出されるし。

 

あまりに忙しすぎるんで、

必要最低限度以外のものは手を出さなかったんよね。

 

電子カルテ上は知ってても、

顔と名前が一致していないような人もいた。

 

どれだけ忙しくったって、

帰る時間を遅くすれば、

顔見に行くぐらいできるだろって話なんだけど。

 

19時帰宅で「今日は遅いなー」なんて言ってる初期研修医は

だいぶゆとりでしょ。

 

でもね、業務を終えてクタクタだと、

もう休まないと体が持たないんよ。

 

最近そんな感じだったんで、

I先生の褒め言葉は素直に喜べなかった。

I先生はぼくをひいき目に見る傾向があるんで、

ちょっとイイ事話を聞いたところを、

針小棒大に言ってくれてるんだと思う。

 

患者さんをよく診てる

って褒め言葉を、

素直に喜べるぐらいに働けたらなって思うけど。

今の忙しい日常業務だと、

どうしても自分を守る方向にいってしまう。

 

2月からは内科の研修医が一人増えるんで、

今よりはマトモになるかな、とか思ってる。

 

今日の記事が良かったら、、、

1クリック応援よろしく!! → にほんブログ村

医大生ブログ1位です。応援ありがとう!

 

あわせて読みたい関連記事

“結局、好きか嫌いかでしょ” への2件のフィードバック

  1. 野口 より:

    初めまして。ネットで再受験ついて調べていたらこちらに辿り着きました。
    私は今社会人1年目ですが、ずっと掲げていた獣医師になることを諦めることができません。
    高校卒業して、浪人を得て、大学進学をし大学を中退して今に至ります。
    もしよろしければ、ご意見を聞かせて下さい。

    • 大ふへん者 より:

      はじめまして。
      人生一度きりなんで、
      諦められなければ突き進んでいいと思いますよ。
      ぼく自身もそうして27年間、生きてきました。
      きっと野口さんの中でも決意は固まっていると思うので。
      色々と犠牲にするものも多いかと思いますが、
      夢を叶えることこそ、
      この世に生きていてよかったと思えるのかなって僕は思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

最近のコメント

このページの先頭へ