学位を取るか否か

市中病院で初期研修中ですが、

後期研修は大学病院を考えていて、

麻酔科の後期研修プログラムを見ると、

学位を取るコースととらないコースと分かれていて、

学位を取る方だと専門医取得が1年遅れるみたいなんよ。

早く資格が欲しい身とすれば、

1年遅れるのはちょっとなぁ・・・と思ってしまう。

・・・とすると、

学位って取る必要があるの?

っていう、よくある話題に行き着いてしまう。

 

学位っていうと医学博士号のことで、

称号が先生 → 博士にランクアップするっていうイメージ。

昔は学位はみんな取るもんだったみたいだけども、

最近は専門医とか資格が人気な傾向で、

学位を取らない人も多いみたい。

 

専門医取得は仕事する上で意味のあるものらしいが、

博士号はないからといって、

特別不自由なことはないらしい。

称号であって、肩書きのようなもの。

 

同期にふらっと聞いてみたら

こんな答えが帰ってきた

 

「せっかく大学病院に行くなら、

 取ったほうがいいんじゃないの?

 資格だけなら他でも取れるけど、

 学位は大学でしかもらえない。」

 

・・・確かにって思えてきた。

 

取ったところで肩書きにしかならないし、

ただのカッコつけにしかならんけど、

医師という職業柄、

そのカッコつけが大事な場面があることも事実。

 

大学病院行くなら取ったほうがいいのかな?

と今のところは思ってます。

 

↓今後とも応援クリックよろしくお願いします↓

(↓いずれか1つのクリックで充分です↓)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

ランキングの参加ジャンルはまだ手探り状態です^^;

 

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

最近のコメント

このページの先頭へ