身に付けるべきは画像診断力か

連日救急車を診ていると、

ざっくりと検査は出せるようになってくるけども、

肝心な読影力に欠けるのがなんとも歯がゆい部分。

 

-自分の出した検査には責任が伴う-

とどこかの誰かが言っていたけども、

自分の出した検査で評価しきれないのは

なんともカッコ悪い。

 

結局初診はとっても、あとは上に投げる結果になる。

1年生のうちは寧ろそれが正解で、

どれだけ自信があったとしても

上にコンサルトをかけるのが

1年生のうちはいつでも正解だと俺は思ってる。

ただ今後自分が上に上がっていくと、

そうもいかなくなってくる。

 

俺の場合は特に心電図は全く読めないに等しい。

STが上がってるか下がってるかぐらいしか見えてない

 

救急をやっている以上は、

見落としたら明日死ぬかもしれんものは

最低限度抑えなきゃならない。

 

最近困ってるのは

腹部CTを撮ったとしてイレウスがあったとして、

それが絞扼してるか否か。

絞扼してたらすぐにopeしないと

腸管が腐ってしまうみたいなんよね。

 

うちの病院の放射線科の部長も、腹部外科の部長も

 

「上から下まで腸管を、

 今気強く追っていくしかない!」

 

「それを繰り返していけば、読めるようになる!」

 

・・・と口をそろえて言ってるけども。

俺もやってみるけど、いつもいまいちしっくりこないんよね。

 

2年生になればQOLは格段にupはするものの、

下に教えなければならないし、

ふりかかってくる責任も格段にupするんで、

勉強しなきゃならないんですねー。

 

そんなわけで今の一番の課題は画像診断力かと。

周りの同期はいろんな本を書い始めているし、

俺も遊んでばっかいないで、

勉強せんといかんねー。

 

今日の記事が良かったら、、、

1クリック応援よろしく!! → にほんブログ村

お陰さまで、医大生ブログ現在2位

 

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

最近のコメント

このページの先頭へ