やりたくない当直だが・・・

どうも。

実は今週月曜日に当直入ってたんだけど、

もう嫌になってしまって、変わってもらったのね。

 

うちの病院は素人同然の研修医にも、

そこそこの当直手当をくれるんで、

当直しまくってるとそれに比例して給料もupする。

なのでやる気のある同期に当直を変わってもらうってことも、

相手によってはアリってこともあるわけ。

 

俺は1回分の当直手当が出ない分、

1回当直しなくてすむ。

変わってもらった相手は1回当直する分、

1回分の手当が多く出る。

 

普段の日中の麻酔救急の研修自体がhypoなためか、

hyperな当直がいつもに増して嫌だった。

当直もまったりとしてれば勉強になってイイんだけども、

ゲロ吐きそうになる当直を引き当てる確率もわりと高い。

 

月曜はホントにだるくて、

同期に変わってもらったのねー。

 

「当直やらなくてイイなんて、なんてハッピーなんだぁぁ^^」

 

・・・となるかと思ったけど、

実際はそんなことなかったんよね。

 

その後、自分の脳裏を支配するのは

 

罪悪感の3文字

 

・・・これでいいのか?という疑問詞。

 

別に悪い事は全くしていないし、

別に責められることはしていない筈。

 

だけど・・・

 

-なんなのだろう、この不思議な後ろめたさは。

学生時代どれだけ授業やポリクリをサボろうと、

こんな後ろめたさを感じたことはなかったのに-

 

結局当直なくなってハッピーな筈が、

逆にブルーな一日になってしまった。

 

彼女にも怒られる

「それでいいの?」

「そんな人は好きじゃない」

変なところで真面目な彼女だが、

彼女の訴えは珍しく俺の胸の砂地に染み込んでいって離れない。

 

ぶっちゃけた話、

忙しすぎてやっつけ仕事になる当直が勉強になるとは思わない。

 

駄菓子菓子。

 

研修医1年目から逃げ腰では先が思いやられるのと、

ちゃんとやってる同期達に取れ残されるような感覚はイヤ。

 

まあまあそんなわけで反省したんですねー。

来週月曜日の当直も変わってもらってたんだけど、

元に戻すことにしました。

 

ホントは死んでもやりたくない当直だけど、

周りがしっかりやっている以上、

プシコチックな動きをするのはやめておくことにした。

 

まあ、それでも・・・?

ホントに嫌な時は変わってもいいと思う。

人間誰にでもフィジカル的にもメンタル的にも波はあると思うし、

調子が悪い時ははしっかりと休養することも大切。

 

まぁそんなわけで

来週月曜日の当直は頑張ろうと思います^^b

 

今日の記事が良かったら、、、

1クリック応援よろしく!! → にほんブログ村

お陰さまで、医大生ブログ現在1位復活中^^

 

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

最近のコメント

このページの先頭へ