そろそろ2年生ともお別れ-1度1度の当直を大切に

医師国家試験の話題はメルマガ中心にお送りしております。

よろしければご登録ください。

 

さて昨日の夜中は

久々の当直当番日当直ってことでその話を。

 

僕の場合だと10月頃まで入った当直は

ほぼ100発100中で激務だったんで、

当直=欝 は鉄板でした。

ところが10月頃から入る当直はほぼ毎回まったり系で、

当直がさほど苦痛ではなかったんよねー。

ぬるま湯当直に慣れていました。

 

それでいて久々に昨日の当直はちょっとしんどかった。

人数こそ少なかったけども、

なんだか一人一人時間がかかる。

内科の日常業務後の当直で、

RED BULLも注入せず突入したんがダメだったのか、

はたまた動きのキレが悪かったのか。

もしくは時間のかかる系の患者が多かったのか。

なんだかダラダラと、

己の処理能力の低さが目立ったように感じた。

 

序盤の指ナートに、

1時間近くかかって、心が折れたのはでかい。

俺がナートしてる間に、

鼠径ヘルニアとかアッペのopeとか終わってるでしょ。笑

 

まぁとにかく不服だったんで、

次回はもうちょっとサクサク行きたいねー。

うちの当直はある程度スピードが要求される部分ってあると思うんで。

電子カルテにもアナムネ用のテンプレートでも作っておくかね。

 

明けに2年生のK先生がこんなことを言ってた

「先生との当直も今日で最後だったかもね!ありがとー!」

と。

よくよく考えてみれば、

お世話になった2年生もそろそろ卒業の時期。

当直で組むのがラスト絡みになることも、

今後多いかと思うんです。

 

そう考えると、こっから3月まで、

1回1回の当直を大切にしたいなと思う。

当直で組む1年生と2年生は

深い絆ができるもんだと思うし、

当直で仲良くなるケースは結構あった。

 

というわけで次の当直は来週木曜あたりだった気がしますが。

大切にこなしていこうと思います。

ではまた^^

 

今年も1クリック応援をよろしく!!  にほんブログ村

お陰様で医大生ブログ

現在1位です!!

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

最近のコメント

このページの先頭へ