いつかは怖い思いをするときがくる

今日は日曜日夜の当直です。

21時から朝9時まで。

日曜日夜の当直はわりとお得感のある当直ですが、

油断はできませんねー

いつ救急車Rushが訪れるかわからない。

「今日は楽ですねー」は禁句とされております。

 

救急外来では基本的に

1年生一人の判断では

帰宅させてはいけないシステムになっているようです。

・・・が!!

現実問題として、

深夜3時など上の先生を起こしづらい状態で、

誰がどう考えても帰宅okな人が来ると、

帰宅させてから朝に事後報告にしたいケースも出てきます。

 

ぼくが把握してる限りは、

まだ自分達が救急外来で帰して怖い思いをしたことはないですが・・・

(把握してないだけかもしれませんが)

いつかは怖い思いをするときが

くるんだろうなーなんて思ったりします。

 

微妙に危なかったことは何度かあるんで、

ハインリッヒの法則

からするといつか引く時が来るんだと思いますね。

ハインリッヒの法則とは・・・

1:29:300

とテストで何回も選んだ記憶がありますが・・・

1つの重大事故の裏には、

29の軽度の事故があり、

その裏には300の原因が潜んでいるというものですねー。

 

犠牲者を増やさないためには、

俺自身のスキルを上げていくしか対処のしようがないですね。

 

いつか爆弾を踏む時が来るのでは・・・

とビクビクしながら日々当直に励んでおります。

研修医の2年間のあいだは、

それぐらいが丁度いいんではないかと思っております。

 

今日の記事が良かったら、、、

1クリック応援よろしく!! → にほんブログ村

お陰さまで医大生ブログ現在1位 復活!

 

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

最近のコメント

このページの先頭へ