東大理三とぼくの違い

ぼくの同期や2年目の先輩には

東大出身の先生が沢山いらっしゃいます。

これまで普通に生活していたら

東大医学部生なんて人らと触れ合う機会なんて皆無だったので

この1ヶ月間彼らと接した

率直な感想を綴らせていただこうと思います。

 

入職前の印象としては

ぼくのようなアホとは、

価値観も合わないし、話も合わないだろうし、

全く気があわないんだろうなーという印象でした。

 

でも実際はそんなこともなく、

むしろ話しててむちゃくちゃ面白いし、

素直で素敵なイイ人らばかりでした。

これはリアルに考えられないことです。

 

突っ込んで話を聞いてみると、

東大出身で外の市中病院に出てる人らは

話のできるまともな人たちが多いとのことだそうです。

 

一見普通に見えたとしても、天下の東大理三・・・

医学部受験に苦労した自分からすれば

この人らは半端なく頭がイイんだと思うと、

俺と何が違うのかを分析したくなります。

 

何よりも思うのは、

「ミス」や「勘違い」がすごく少ないなという印象でした。

ぼくなんか計算や作業していく上で、

ミスや勘違いばっかりですけども、

彼らのやることにはミスもないし勘違いもない。

ケアレスミスとかしたことないんじゃないかなー

とか思ったりします。

 

同期の東大生は大学受験に関して、

こんなことをいってました。

 

「大学受験で良い成績を取ることも

 数ある能力の一つであって、

 東大だから頭がイイというわけではないと思う。

 特に東大に関しては

 国語が出来るかどうかが一番の勝負どころだったりするからねー」

 

そもそも、俺みたいなデブアホパチンカスが、

東大医学部生と研修している事自体が

かなりの爆笑ポイントだったりしますが・・・^^;

今のところ仲良く上手くやっていけてると思うんで、

2年間一緒に頑張っていこうと思います^^b

あわせて読みたい関連記事

“東大理三とぼくの違い” への4件のフィードバック

  1. のりまる より:

    もうすぐ忙しさで
    「スリム」
    になってしまうんじゃないですか\(^o^)/

  2. 大ふへん者 より:

    のりまるさん
    それが逆に太る人が多いらしいです^^;
    今のところ微減してはいますが、この調子で減らしたいですねー

  3. のりまる より:

    ああ、、

    ストレスのバカ食いですかね、、、(-。-)y-゜゜゜

    大変でしょうが
    頑張ってくださいー☆

  4. 大ふへん者 より:

    のりまるさん
    好きな時に色々食えてしまいがちなのと、
    当直だと変な時間に食ってしまうんで、
    食ってすぐ寝るようなデブコースができあがってしまうからかもしれませんねー
    いまのところさほどストレスはなんですけども、
    これからありとあらゆる試練にも耐えていきたいと思います

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

最近のコメント

このページの先頭へ