胃腸炎はつらいよ

先週金曜日に久々に飲みすぎたせいか、

昨日から吐気と下痢の症状に苦しめられている。

夜間にER受診する人の気持ちが少しわかった気がした。

 

だいたい下痢、嘔吐の症状が揃っていれば、

胃腸炎だろ~?、お?

ってなるのが普通。

 

この胃腸炎だが、最もエビデンスレベルが高いとされているのが、

整腸剤。

ビオフェルミン、ミヤBM、ラックビーとか。

より重症感のある細菌性なら抗生剤を飲んでもよかろう。

大体はウイルス性で数日で良くなるパターンが多いらしい。

 

救急外来的にはこの胃腸炎のピットフォールとして、

虫垂炎があると思う。

腹のCTまで取った症例で、立派な胃腸炎の像に騙されて、

立派な虫垂腫大を見逃したことがある。

まぁ結局、虫垂炎だって胃腸炎のひとつじゃんって話なんだけども、

見逃すと後々公開処刑にあったりする。

 

全ての腹痛は虫垂炎を常に意識すべし

腹痛→CTと行った場合は必ず虫垂は探さなければならない、

と俺は思っている。

CTで虫垂を探すのは意外に難しい。

俺も未だに虫垂が同定できないことはある。

虫垂の探し方の基本は、

まず落ち着いてA/Cを下に辿って行って、回盲部を見つける。

回盲部より下にA/Cから出て盲端で終わる腸管が見つけられれば、

それがすなわち虫垂と同定できる。

解剖学的には当たり前の話だけど、

この手順を踏まないとなかなか同定できないケースが意外に多かったりする。

 

話は逸れたが、たかが胃腸炎でも、

いざ自分がなってみると辛いもの。

これからは胃腸炎の患者に少し優しくなれる気がした、

涼しい夜のお話でした。

 

本日の記事の内容が良かったら

いずれか1つ応援クリックよろしくお願いいたします↓

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

(未だにひっそりと参加している
人気ブログランキングはこっち。)

 

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

最近のコメント

このページの先頭へ