マッチング中間報告について

つい先日、今年のマッチングの中間報告が出たようです。

去年の自分を振り返って見る限り、

この中間報告から

著変なく決まっていく

と考えて問題ないといえます。

 

・・・とはいうものの、

例えば定員に対して第一志望人数が多かったとしたって、

そこで第一志望を変えることによるメリットは少ない

マッチングのシステム上、

第一志望にアンマッチだとしても、

それによって

第二志望にマッチする確率が下がることはないですから。

中間報告見て志望を変える必要性はないです。

 

このことは皆もわかっているようでして、

大体この中間報告通りにマッチング結果が定まっていきます。

 

・・・中間報告を見る限りでは

我々の病院は去年と同じく、

どうやら一次募集では決まりそうにない雰囲気。

コストパフォーマンスの高い病院なのに、

空きが出るなんてもったいない。

俺らの病院に初期研修医できて、

後悔してる人は多分一人もいないと思う。

当直を除けば研修医のQOLはかなり良い方だと思ってる。

 

最近ではみんなQOLや金よりも、

どれだけ学べるかっていう部分を重視するようになってるのかも。

医師国家試験も難化してきているし、

真面目な人が増えてきているのかもしれない。

患者の身になってみれば、

良い傾向なのかも。

 

こんな俺も来年は下に教える立場になる

あと半年でどこまで進歩できるか。

 

今日の記事が良かったら、、、

1クリック応援よろしく!! → にほんブログ村

医大生ブログ現在2位!

 

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

最近のコメント

このページの先頭へ