MEC公衆衛生対策講義-Dr.高橋

さて現在の6年生は超直前期なので、
6年生にとっては関係ない記事ではありますが、
この先に国家試験を迎える後輩たちに向けて記事を書きます。
MECの公衆衛生対策講義についてです。

公衆衛生といえば、
今の医師国家試験で一番出る科目であり
かつ短期間で点数に結びつきやすい科目であります。
直前期の勉強の最重要科目ですね。
その公衆衛生の講義で定評があるのが
MEC(メック)の公衆衛生対策講義です。
講師は高橋先生で、見た目はただのオッサンですが、
医師免許と弁護士免許のダブルライセンスの凄いお方だそうです。

ぼくは卒業試験対策に11月にさらっと一通り受講いたしました。
感想としては

良い部分として
・話が非常に面白く、頭に残りやすい話が多い

悪い部分として
・演習量が絶対的に足りなく、時間効率が悪そう

といった感じでした。
総合して、公衆衛生を1から勉強するための教材としては良かったと思います。

一方で時間効率が悪そうなんで、
直前期にこれを見るのは微妙かなーと思います。
直前期はがつがつ公衆衛生の演習を進めていった方がいいと思います。
その中で、「自分の苦手分野の話のみを見ていく」
という使い方ならアリかなと思いました。

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

最近のコメント

このページの先頭へ