パチンコは知的なゲーム

今日は珍しく5時にあがれたんで、

久々にパチンコ行ってきました!!

こんな日もあると、仕事の息抜きになりますね。

 

パチンコと言えば一般的に、

「クズの極み」

「頭悪そう」

「くさそう」

・・・と、けして良いイメージはないでしょう。

でもこの世の中、

パチンコ打つことで生活している人は沢山いるし、

俺も学生時代は、

パチンコの稼ぎがバイト替わりになってました。

 

パチンコは、競馬やFXなど他のギャンブルとは違い、

「完全確率」なんですね。

1/400で大当たり、出玉2000発で77%で連チャン

等、スペックが決まってるんで、

今自分が打ってる台が、

おおよそいくらぐらいの期待値の台なのかが

計算できてしまうんですねー。

 

ほんで、期待値さえ積み重ねれば、

年単位で負けることは有り得ないものです。

 

最近のパチンコはかなり荒く作られてるんで、

期待値-5000円の台でも20万円勝つこともあるし、

逆に期待値+20000円の台でも10万円負けることも全然あるんで、

それが世間の養分達の

「期待値」という概念を吹き飛ばしていたりします。

 

そうこう考えてくと、

パチンコも確率のゲームで、

とても知的なゲームだったりしますね。

そこに技術介入等の上手さの要素も入ってくるんで、

かなり奥が深いです。

 

パチンコでトータル勝ててる人は

全体の1%ぐらいしかいないらしいですが、

逆に言えばパチンコを数学的に考えてる人は

全体の1%しかいないってことになりますね。

 

俺が思う、

「パチンコで勝つこと」に特化した

日本一のブログといえば

正攻法で負けないパチンコ

でしょう^^

管理人ののりまるさんもとってもイイ人です。

 

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

最近のコメント

このページの先頭へ