SGLT2阻害薬ダイエット?

どうも。

医者も皆結構ミーハーよね。

なんだかんだ流行ってることをやりたがったりする。

適応が微妙なところで意識下ブロンコをやりたがる救急医や、

普通にPT,APTTを見ればいいんじゃねとかいうところで、

ACTを測ろうとする麻酔科医を横目にそう思った。

とはいえ術中TEEに異常に興味を示してる俺もミーハー一味なんだけどね。

 

さて、そんなわけで、

たまには医者っぽい記事も書いとかないとと思ってhotな話題を。

 

コメントにもあったので

糖尿病治療としてつい最近デビューしたてのSGLT2阻害薬について。

まだまだ出たてホヤホヤで当院では使ってる人はまだ見たことがない。

出たての薬はわかっていないことが多かったりして、

大切な自分の患者に試験的に使うのは気が引けるってのが大半の意見みたい。

それでも従来の糖尿病治療薬とは全く違った作用機序で血糖を下げる新薬は

期待の的であることには間違いない。

実際にちょっと昔にデビューしたDPP4阻害薬は

第一選択になりつつある(・・・のかな?専門的なことは詳しくないけど)

 

SGLT2阻害薬は尿に糖をじゃんじゃん流したろっていうことらしく、

ダイエット、減量にも効果があることが知られてる。

尿路感染脱水のリスクがあるんで、

高齢女性にはやめたほうがいいよっていうのは風の噂で聞いたことがある。

それでも若い男性ならばわりと積極的に使ってもいいのかななんて思う。

 

ダイエットに効果があるとなると自分も是非とも内服してみたいとも思うんだけど、

やはり保険的縛りをくぐり抜けるのが大変で、

糖尿病じゃない俺が処方を受けるのはちょっと厳しいらしい。

防風通聖散は肥満症っていうだけでokだけど、

糖尿病となると根拠となるデータがないとダメ。

 

・・・となると保険を使わなければどやって話。

多分すごくお高くつくダイエットになると思うんだけど、

ダイエットマンとしては知識の一貫として把握しておいても悪くない。

明日から詳しい人にちょろちょろ聞いていこうかなぁとか思ったりする。

 

いずれにせよダイエットに王道なしというのが自分の持論なんで、

食事と運動を徹底していくスタンスを変えていくつもりはない。

すでに2週間で2kgの減量に成功。

夢の60kg代も夢じゃない。

 

本日の記事の内容が良かったら

いずれか1つ応援クリックよろしくお願いいたします↓

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

(未だにひっそりと参加している
人気ブログランキングはこっち。)

あわせて読みたい関連記事

“SGLT2阻害薬ダイエット?” への2件のフィードバック

  1. 内科医 より:

    お久しぶりです。

    外来で数人、病棟でも数人処方してCGMなどでフォローしていますが、耐糖能障害が無い方には効きにくいと思います。

    一般的にはPG>180mg/dlで尿糖(+)になるといわれています。これは正常の方で、PG<180まで尿細管でGluを再吸収する仕組みがSGLT2 and SGLT1の機序です。

    DMの方はSGLT2の発現が亢進していて、PG<240まで再吸収が増加してしまうため、血糖値が高くなっています。それを阻害することで、尿中にGluを排泄するのが薬効です。

    正常の方では、そもそも食後といえど、インスリンの作用によりPG<140程度に抑えられているので、ほとんど排泄されません。

    どうしても、というならばCGM付けながら、水分摂取を多めにとって、低血糖に注意しながら試してみてもいいかもしれません。先輩の症例報告の貴重な一例になるかと思います。

    • 大ふへん者 より:

      内科医様
       どうも、目からウロコのコメントありがとうございます。
       勉強になります!
       色々聞いてみてもやはりまだみんなよくわかってないみたいで、
       試験的に飲んでみるのも考えものかなーなんて思っていたところでした。
       今の現状でも十分に減量できているので、
       新薬を試すまでもなさそうかなと思ってます。
       また何かご教授いただけると嬉しいです。ありがとうございました。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

最近のコメント

このページの先頭へ