-25kgのダイエット成功体験記【その2】

-25kgのダイエット成功体験記【その1】

続き書きます。
だいぶ更新期間が空いてしまい、申し訳ございません。
93kg→67kg(1月31日現在)の減量に成功した自分の体験談を書きます。

 

3.具体的にどんなダイエットをしたのか?

26kgもの減量なのだから、
誰もが知らないような裏技を使ったのかと言えば
そんなことは全然ないです。
自分がやったことはただただ当たり前のことを
今気強く続けていただけのことです。
なにか特別な方法があったのだと期待して読んでいた方には
期待外れの内容かもしれませんが、
これが自分が1年半で26kgの減量に成功した
実際の方法です。

・食事と
・運動を
・ストレスをかけずに
・気休めは気休めとして使いつつ
・実践すること

 

a)食事制限
ダイエットは食事制限が基本です。
摂取したカロリーを運動で落とすのは大変なことですので、
食事制限が一番減量に近いと言えるでしょう。
後述しますが「ストレスをかけずに」というのが
最大のポイントだと思っております。
「食事制限」と一言で言っても、
長続きしない食事制限には何の意味もありません。
「満足のいく食事量」を減らしていく必要性があります。

1日だけ1000 kcalの食事制限をしても全く体重に影響しないでしょう。
1週間だけ1日500 kcalの食事制限をしてもほとんど無意味でしょう。
いかにずっと続けられるかがポイントです。

「胃袋が小さくなる」ということが
本当に医学的にあるのかわかりませんが、
実際に毎日、腹八分目にとどめておくと、
徐々に満足の得られる食事量が減っていきました。

以前はラーメン特盛を食べていても満腹にはなりませんでした。
でも毎日ほんの少しずつ食事量を減らしていくことで、
だんだん特盛が食べれなくなっていき、
大盛りですら食べられなくなり、
ついには普通盛りでお腹いっぱいになることができるようになりました。

毎日ほんの少しずつ少しずつ制限していきました。
毎日腹八分目でとどめておくのです。
時々昼飯を抜くことはあったし、
大好きなラーメンも食べる量を減らしていきました。
飲み物はほぼ全て0kcalのお茶にしました。
ジュースを飲む習慣のある人はこれだけで
1日100kcalぐらいは節約できるでしょう。

1日少しのカロリー制限でも、
1年を通せばかなりのカロリーになります。
そんなひっそりとしたカロリー制限を習慣付けてきました。

 

b)運動
運動することも大事ですが、
1回の運動で消費できるカロリーはたかがしれていますので、
やはりこれも「習慣づけること」が大切です。
習慣づけることで基礎代謝がupしていきますので、
なにもせずに屁こいて寝ているだけで
自動的に消費してくれるカロリーがupします。
この効果は絶大です。

自分の場合は趣味となりうるスポーツをはじめました。
具体的にいうとテニスとボーリング。
週2でテニス、週1でボーリングをやることを決めました。
両方共にとても楽しく、
今では自分の立派な趣味のひとつとなりました。

運動が苦痛になってはいけないので、
「楽しめるスポーツ」を探すべきだと思います。
自分の場合はただ黙々と走ることは体に合わなかったです。

 

c)ストレスをかけずに
これがダイエットの最も大切なポイントとといえます。
どんなに素敵なダイエット法であっても、
自分に合わなければ絶対に成功しないでしょう。
長続きしなければ意味がないのです。

だから自分もダイエットをしていると言いながら、
ラーメンも焼肉も普通に食べていました。
アルコールも沢山飲みました。
大好きなものが食べれないなんて、
そんなストレスフルなことはないと思います。
好きなものは食べていいんです。
少しずつ量を減らしていけばいいんです。

 

d)気休めは気休めとして使う

ダイエット商品が世の中には溢れています。
そんなものをあくまで気休めとして使う分には構わないでしょう。
自分の場合は「黒烏龍茶」「漢方62番」を使っていました。
黒烏龍茶も多少は効果はあるんだと思いますが、
それだけで劇的に痩せることは不可能でしょう。
漢方62番だって、エビデンスレベルは低く、
なかなか効果が証明されていません。
それだけで劇的に痩せることは不可能でしょう。
やはり基本は「食事」と「運動」なので、
これらをやった上に気休めとしてこういったものは使うべきだと思います。
最近では糖尿病治療薬の
SGLT-2阻害剤が効くのではなんて言われてますが、
これも使うならば使うでいいですが
やはり「気休め」として使いましょう。

 

e)実践すること

以前の記事にも書きましたが「デブ習慣の改善」が本質だと思ってます。
食事制限と運動を当たり前のようにストレスなくやっていけばいいのです。
ダイエット中に体重計に毎日乗るのはあまりオススメしませんが、
自分の場合はアバウトに、こんな感じの体重変化でした。

2013.6月 93 kg
2013.9月 85 kg
2013.12月 81 kg
2014.3月 80 kg
2014.6月 81 kg
2014.8月 79 kg
2014.9月 75 kg
2014.10月 72 kg
2014.11月 71 kg
2014.12月 70 kg
2015.1月 67 kg

 

1日運動して翌日に1~2kgも体重が落ちていたなんて浮かれていても、
それはほとんど水分の変化ですので、
ほとんど実体重には影響していないでしょう。

一生懸命努力しているのに1週間経って全く体重が変わっていない、
もしくは増えているなんてことになっても
「全く気にすることはない」です。

確実に食事制限と運動が習慣づいていれば
確実に体重は減っていきます。
1週間や1ヶ月の体重変化なんて気にしなくていいんです。
だから毎日体重計に乗る必要はないです。
逆に色々と有害なことのほうが多いように思います。

 

 

自分のダイエット体験記はいかがだったでしょうか。
俺のダイエット体験記が
ひとりでも多くの方の人生に役立てれば幸いだと思ってます。

 

本日の記事の内容が良かったら

いずれか1つ応援クリックよろしくお願いいたします↓

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

(未だにひっそりと参加している
人気ブログランキングはこっち。)

 

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

最近のコメント

このページの先頭へ