迷ったら麻酔科というのも悪くない選択肢

ご無沙汰しております。俺は元気です。

特に変化のない日々を送っているのでとくに書くこともないんで、

思いついたことをテケテケと書いていきますか。

 

・いろんな科の先生から怒られ教えてもらえるのも初期研修医まで!

 後期研修医になって叱ってもらえるのは自分の科の医局内だけ

 

ついこないだまで色々と怒られ言われ続けていても、

麻酔科に入局してからは、怖い怖いゴリゴリ系外科医でさえ

下っ端麻酔科医の俺に対してでさえも、何も言ってこなくなる。

言ってくるとしても主任教授クラス。

これはとても怖いことだ。

要するに何か自分がやらかしたとしても、

直接言ってくることはなく、影でdisられて、

最悪の場合自分では気づかないということになる。

 

そう考えると初期研修の2年間は本当に大切な時期だと思う。

やはり初期研修は圧倒的に市中病院で過ごした方がイイと俺は思う。

 

 

・麻酔科ほど潰しの効く科はないだろう。

 麻酔科は確かに大変で辛いが、

 麻酔科に入って後悔はしていない。

ありとあらゆる手技の基礎になる点滴ルート確保ひとつとっても、

麻酔科医はプロなので、他の科のドクターに比べれば上手い。

初期研修医時代にほとんど点滴をとってこなかった俺でも、

外病院で病棟看護師(←俺の中で点滴確保が最も上手い人たち)が取れない点滴が

サクッと取れてしまって自分でも驚くことがあったりする。

 

点滴以外にも、全身管理はどの科にとっても必要な科目であると思うし、

気道確保のプロということは、すなわち急変に強いということになる。

医者として必要な要素がぎっしりと詰め込まれているのが

麻酔科という診療科だと思う。

迷ったらとりあえず麻酔科というのも悪くない選択肢だ。

 

まあまあの文量になったので今日はこの辺で。

また何かあれば更新してきます。よろしく。

いずれか1つ応援クリックよろしくお願いいたします↓

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

(未だにひっそりと参加している
人気ブログランキングはこっち。)

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

最近のコメント

このページの先頭へ