俺にもポリクリがつく時代

時は流れ、俺にもポリクリがつく時代。

世も末である。

ポリクリをサボることしか考えていなかったようなクズ

指導される学生さんは、とっても真面目そうな女の子だった。

 

俺の術前ムンテラに学生がついて、

さらに翌朝のプレゼンテーションを俺が指導する。

 

ドヤ顔でいつもの数倍丁寧なムンテラをした後、

偉そうにプレゼンテーションを指導する。

 

「プレゼンテーションというものは医者の能力すべてを反映する」

 

・・・と、もっともらしき事を語る俺。

世の中きっとこんなもん。

 

麻酔科医になって1カ月が経ち思うことといえば、

一般の人に麻酔科医と言うと

とっても微妙な空気になることが多い一方で、

医療者が相手だと比較的好印象であることが多い。

 

ゴリゴリ系外科医「おい、研修医、そんなとこでつったんでねぇ!(怒)」

 

ゴリゴリ系外科医「・・・あ、麻酔科の先生、すみません^^;;(ぺこぺこ)」

 

といった光景はけして珍しくない。

 

麻酔科医であるからこそ、ストイックさが大事だと感じる。

本当にストイックな人たちは外科系に進んでしまうものだ。

空き時間にもひっそりと勉強していきたい。

 

本日の記事の内容が良かったら

いずれか1つ応援クリックよろしくお願いいたします↓

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

(未だにひっそりと参加している
人気ブログランキングはこっち。)

あわせて読みたい関連記事

“俺にもポリクリがつく時代” への2件のフィードバック

  1. romi より:

    大ふへん者さま、初めまして。
    いつもピンチの折にお世話になっております。

    私はいま大変驚いております。
    現在ポリクリで麻酔科をまわっており、術前回診につかせていただいた先生が、”プレゼンテーションというものは医者の能力全てを反映する”とおっしゃっていたからです。

    オペ後RED BULL注入しておられたし、まさか、、いやいや。

    今、この状況において何が必要なのか、何が求められているのか。そしてそれに対して何をするのか。これらの一連のことを組み立てる能力がきっとプレゼンテーションに表れるのですね。

    今回教わったことを心に留めて実習に取り組み、少しずつでも成長していけたらいいなと思います。

    これからも更新 楽しみにしておりますね!では。

    • 大ふへん者 より:

      romi様
       どうも、書き込みありがとう。世の中狭いですね。ぼくもびっくりしました。6年生は色々と鬱な時間だと思いますが、頑張ってください☆応援してます。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

最近のコメント

このページの先頭へ