ほめられて、やりがいを感じて

 

「病棟で評判いいよ!何でもしてくれるって!」

外勤先の院長が初めて誉めてくれた。

思えば今年度、

後期研修がはじまって褒められることがほとんどなくなっていた。

 

そのせいか今日はいつもに増して

仕事頑張ろうって思うことができたし、

今後も外勤先の仕事は頑張ろうと思えた。

 

もっとホメてくれ

 

誉められて伸びるタイプ?

けなされて伸びるタイプ?

 

という質問があるけど、

けなされて伸びるタイプなのはよほどの負けず嫌いで、

優秀な一部の人に限ると俺は思っている。

概して俺を含めた世の中の大半の一般peopleは

誉められて伸びる方が圧倒的多数だろう。

もちろん誉め方も誉め方でただ誉めれば良ってものでもなく、

過剰に誉めてくるのは逆にウザいし、

大して努力しているわけでもないところを褒められても

嬉しくない。

誉め方は誉め方で難しい。

 

でも逆にけなされると、どんなけなされ方しても

「俺はしょせん、ダメな奴だし」

って開き直って終わっちゃうんだよね。

もうどうでもよくなる。

 

初期研修のときにそこそこ勉強し、

一生懸命になれた理由の一つとして、

誉められた経験が間違いなく要素として入る。

当直の時は先輩に成長したと誉めてもらいたかったし、

上にも認めてもらいたかったりして、

頑張ったりする。

 

誉められる経験がほとんどなく1年たって、

腐った自覚がある。

もはや誉める要素が一つも見当たらなくなっているのだろう。笑

 

それでももうすぐ学年が上がるので

今年はほぼ一回も広げなかった教科書を広げる機会も

増やしていこうと思っている。

少なくとも専門医を取るまでは、今の職場で粘る意志はあるので。

 

いずれか1つ応援クリックよろしくお願いいたします↓

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

(未だにひっそりと参加している
人気ブログランキングはこっち。)

あわせて読みたい関連記事

“ほめられて、やりがいを感じて” への2件のフィードバック

  1. ひよっこ薬剤師 より:

    はじめまして。いつもblog読ませていただいています。
    まだまだ未熟な、先生のblogを読んで、私も頑張ろうと思って日々業務をしている、ヒヨッコ3年目薬剤師です(笑)

    今まで感染メインで活動しており、そのためか救急配属させていただいています。
    しかし、この状態だからこれをどう使う、この状態になったらこれは漸減していく、など…
    さっぱりで、薬剤追加やoffの提案など、治療に参加が何もできずもどかしく思っています。

    治療の組み立てがわかるような、おすすめの本、勉強方法など、もしよろしければ教えていただけますか?

  2. mz より:

    初めまして、いつも楽しくブログ読ませていただいているmzと言います。自分は4月から研修医として働き始めるのですが、マッチングの関係で体育会系の病院にマッチしてしまいました。飲み会もきつく、業務もきつそうでいまから自信がないのですが、研修医をやっていく上で注意したらいいポイントやアドバイスなどありましたら教えていただけたらと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

最近のコメント

このページの先頭へ