人生の先輩

最近は人が居ないせいか、とてもハードだ。

麻酔科が楽ではないことはわかって選んだつもりだが、

遊びに行く暇もなく、寝て起きて麻酔をかけて当直して、

という日々を繰り返していると、うつになる。

 

そんな中でも、医局員の人の良さや、

優しさでなんとか持ち堪えてる日々だ。

 

 

・・・と!?

急に医局員を持ち上げた話をすると・・・!?

 

 

勘のいい常連さんは気づいてしまうだろう。

 

 

偉い先生「大ふへん者くーん、ブログやってるんだってねぇ」

偉い先生「ぼくにも教えてくれなぁーい?^^」

 

 

なんてやりとりが今日あった!

実はこの先生もブロガーなのです^^

 

 

「いやぁ全然大したこと書いてないんで、

  先生に教えるほどのものでもないですよー^^;」

 

 

「先生ね、ブログってのは、

  大したことを書く必要がないものなんだよ。

  それでも読んでくれる人がいるってことが

  素晴らしいことなんだ。」

 

 

 

そう言われて、はっと我に返ったのです。

 

 

最近の自分と言えば、

ひと記事綴るのにも「力作を書かねば」と、

自分で勝手にハードルを上げていたことに気付いた。

 

 

これまで、沢山の読者さんとメールのやりとりをしたこともあったけども、

その中で印象に残っていたのが、

 

「今日何食べたとか、何時に起きた、何時に寝た、とか

 そんな話でも私は全然興味あるし、読みたいと思いますよ」

 

・・・と、言われたことがある。

 

その時は、そんなことあるかーい!って流していたけども、

 

今日の話で少しわかった気がした。

ブログはカッコつける場所でもなんでもないのだ。

 

そう、これからはもっと

ペペッと書いて更新頻度を上げていきたいね。

1か月に2~3回更新じゃ、みんな見に来てくれないもんね。

 

 

本日の記事の内容が良かったら

いずれか1つ応援クリックよろしくお願いいたします↓

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

(未だにひっそりと参加している
人気ブログランキングはこっち。)

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

最近のコメント

このページの先頭へ