草木の元で

「今日が一緒にいれる最後の日だから」

そう言った彼女の横顔は、

一人の母親そのものだった。

 

その夜、彼女は激しく苦しんでいた

明日、ひとつの光を閉ざすことを

まるでキミが拒んでいるのかのように

 

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

最近のコメント

このページの先頭へ