東大理三生達に「天才」と呼ばれる研修医

以前スーパー研修医O先生をご紹介いたしましたが、

他の先生もこれからぼちぼちと紹介していこうかと思います。

本人に許可取っていないんで、怒られたら削除します(笑)

 

今日紹介するのはスーパー研修医F

この方も僕が愛してやまない先生ですねー。

 

なんといってもBMIがすげぇ!!

大学生時代はデブだけが取り柄だった俺が、

彼のせいで、

俺が中途半端な存在になってしまってますねー。

 

天下の東京大学教養学部理科三類合格し、

東京大学医学部医学科卒業!!

それだけでも十分すぎるのに、

そんな周りの東大医学部生達にも「天才」と呼ばれてる彼は、

日本でトップに賢いと言っても、

過言ではないんじゃないでしょうかねー。

体は動かなくても、

頭はすごいスピードで動いてるんでしょう。

 

パソコンや医療器具が動かない時でも、

一瞬で治してしまいますし、

詳細は不明ですが、

プログラミングとかもサラっと書いて、

そのソフトがウン十万円とかで売れてしまうみたいです。

時給数万円の仕事なんかも沢山あるみたいで、

もはや医者やってるよりも、

他に遥かに才能を発揮できるところが沢山ありそうです。

 

ぼくはこの先生に5月いっぱい内科でつかせていただきましたが、

俺がのんびり医局で寝てる間に、

やるべき仕事が全部終わってるんですねー

本人「ちょっと甘やかしすぎたかなー」なんて言ってます。笑

 

彼の字は読みやすくて、カルテも分かり易い。

仕事も速い。

俺の低レベルに合わせた教え方もウマい。

その上めっちゃ優しくて、

めっちゃ癒し系のキャラクター。

ガチで欠点、見当たりません、この人。

 

こんな素晴らしい人と出会えた事を幸せに思いますねー^^

 

今日の記事がよかったらポチっとよろしく!! → にほんブログ村

お陰さまで、医大生ブログ1位復活^^b

 

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

最近のコメント

このページの先頭へ