学生と社会人、どっちが楽しい?

学生時代は

「働き出すと大変。遊べるのは今のうち」

なんて言われてました。

実際に働き出して辛いと言ってるのはよく聞きますが、中には

「社会人の方が人生充実している」なんて言う人もいます。

実際のところどうなのかを考えていきたいと思います。

実際に社会人になった身として

思いつく限りメリット、デメリット挙げてみると・・・

 

学生であることのメリット

・時間が自由に使える

学生であることのデメリット

・金がない

・常に試験に追われてる

 

社会人であることのメリット

・一人暮らししている分には金に余裕あり

・仕事が終われば試験のプレッシャーなく自由

・学生に比べたらモテる(らしい)

社会人であることのデメリット

・時間的縛りがある

 

・・・まぁどっちもどっちなんですが、

僕自身は社会人1年やるか学生1年やるかどっちと言われたら、

断然、社会人ですかねー。

 

学生といっても医学生の場合は、

進級や卒業のためにかなりの勉強量をこなさなければなりません。

医者になればdutyな勉強は基本的にないですし、

自分の興味のあることを勉強していけます。

「勉強が苦でない」ってのは

人生生きてく上で非常に大切なことですから、

嫌な勉強を長くやる必要がなくなるってのはデカイと思います。

 

金銭的余裕が生まれるってのもイイですね^^

 

今のところ自分は仕事は楽しくもなければ嫌でもないんで、

さほど働くことを苦痛に感じていない状態ですんで、

ほどよい精神状態でいられてるかと思います。

そもそも前々から目指していた医師になれたのだから

それだけでも幸せなことですね。

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

最近のコメント

このページの先頭へ